特集・・・「ゲーミングPC実機レビュー : ガンオン設定変更して実況プレイ」

前回の続き

特集・・・「ゲーミングPC実機レビュー : ガンダムオンライン実録実況プレイ( G-tune NEXTGEAR i630SA1-SP2 )」

前回は高画質、FPS制限無しで録画した
今回は普段私が行っている録画設定で録画
具体的には、スケーリング75%と30FPS制限
スケーリング75%とは実際の解像度を75%に縮小して録画すること
そうすることでPCへの負荷を下げ、ゲーム中のFPS値向上を狙う
■検証結果

  • 実際の数値にそこまで差は無かった
    見る側からしたら30FPS制限をかけた方が見やすい気がした
    30FPS制限をかけると録画結果のFPSブレ幅が減る
    FPS制限無しだと20FPS~50FPSまでわりとぶれるからだ

  • ガンオンはある程度スペックがあったら高スペック設定安定
    ガンオン内の設定を下げてプレイもしてみた
    最低画質でもやってみたがFPSが劇的に増えることは無かった
    むしろ逆にやりづらくなった
    その為「高スペック設定で動かせるPCは最低設定にしても効果薄」という結論に至った

  • 大事なのは電源と室温?
    最近のPCは電源容量を食う
    その為しっかりとした電源を確保しよう
    ゲーミングPCを触ってマイPCの電源の買い替えを検討している
    それぐらい電源がないとPCは性能を最大限発揮できない
    レビューも高評価なこの機種を購入検討中
    それとは別に室温が高くなりすぎるとPCもばてる
    極力室温は30度以下にしよう
    この夏、マイPCの調子がいまいちだったのは恐らく室温のせいだろう
    来年はどうするか、それが今の課題

■実況プレイ


録画日 : 8月20日
マップ : オデッサ鉱山

■余談
ガンオンプレミアムパッケージが3割引で叩き売りされてる件
■G-tune 実機レビュー関連記事

■各種リンク

関連記事

ページ上部へ戻る