ゲーミングマウスレビュー「美しすぎるゲーミングマウス : ROCCAT Kone + (plus)」

今回のガジェットレビューは「ROCCAT KONE[+]
20131026-004.jpg

仕様

名前 : Kone + (plus)
型番 : ROC-11-800-AS
メーカー : ROCCAT
価格 : 8800円 (2013年10月26日時点)
重量 : 126 グラム
高さ : 約4cm
横幅 : 7.8cm
縦幅 : 13.5cm
レーザー感度 : 100~6000 DPI
ケーブル : 2m

外観

正面

美しいフォルム
左右にLEDイルミネーションがこのマウスの美しさを引き立てる
残念なのはこのマウス、中古で購入したため少し汚れなどが見える点
20131026-013.jpg

左側面

サイドボタンが2つ
画像左側のボタンがこのマウス独自の「EASY SHIFT」キー
このキーを押すことで「裏モード」へボタンが切り替わる
20131026-003.jpg

右側面

ROCCATのロゴとLEDが美しく光る
全体的にソフトラバー加工で滑りにくく持ちやすい
20131026-005.jpg

上部

上部にはスクロール含めて8つのキー
スクロールキーは左右に傾けることでそれぞれキーバインド可能
20131026-006.jpg

背面

ウェイとコントロール用の差込口が4つ
5グラムのウェイトを4つ入れると最大146グラムになる
非常に重量感あるゲーミングマウス
20131026-014.jpg
20131026-010.jpg

特徴

美しい

今まで触ったゲーミングマウスの中で一番の「美しさ」
LEDが細かく設定でき、しかもイルミネーション対応
konemenu3.jpg

設定項目が細かく繊細な設定が可能

とにかく設定項目が多い
基本的な設定は当然のこと
拡張機能がとても多彩
konemenu1.jpg
konemenu4.jpg

オリジナル機能「EASYSHIFT」

サイドボタンの奥側を押すことでEASYSHIFTモードに切り替わる
これはEASYSHIFTボタンを押している間だけ他のキーが「裏設定」に変わる
そのため10個あるキーに20通りのキーを登録することができる
konemenu2.jpg

感想

大きい

今まで使った中で最大、最重量サイズ
しかし、全体にほどこされたソフトラバー加工のおかげで滑りにくく持ちやすい
大きいマウス派には至高の一品

美しい

他のマウスとは一線を画す美しさ
デザインとLEDによるイルミネーションは芸術

設定が細かく親切

とにかく設定項目が多岐にわたる
それでいて細かいところにも行き届いている
このドライバーは一見の価値あり

最新ドライバーに注意

最新ドライバーだとマウス内部のファームウェアのアップデートができなかった
旧バージョンのドライバーを使用しよう

実況ガジェットレビュー

注意点

このマウスは旧モデル
後継機は「Kone XTD
Steelseriesのドライバー「Steelseries Engine」と相性が悪い
Steelseries Engineを起動しているとKone +を認識しないので注意
事前にSteelseries Engineを停止してからマウスを接続しよう

まとめ

インテリアや美しさにこだわる人
大きいマウスが好きな人
細かい設定が好きな繊細な人
そういった人にオススメできる逸品
繊細ゆえにスクロールボタンが脆い傾向がある
そのため故障しても大丈夫なように正規代理店から購入しよう

リンク

ROCCAT KONE[+] ROC-11-800-AS Amazon
・ 後継機「Kone XTD」 Amazon
公式サイト(英語)
他のガジェットレビュー

関連記事

関連記事

ページ上部へ戻る