特集・・・「ガンダムオンライン推奨ゲーミングPC実機レビュー : MyPCと性能比較」( GALLERIA XT-A )

前回の続き

「ガンダムオンライン推奨ゲーミングPC実機レビュー : 出会いは偶然に」( GALLERIA XT-A )

■実機到着 ( GALLERIA XT-A )
201308-2-400x535.jpg201308-7-400x535.jpg
■仕様 (貸出機の為実機と若干差異がある場合があるとのこと)

CPU インテル Core i7-4770
(クアッドコア/HT対応/定格3.40GHz/TB時最大3.90GHz/L3キャッシュ8MB)
メモリ 8GB DDR3 SDRAM (PC3-12800/4GBx2/デュアルチャネル)
グラフィック NVIDIA GeForce GTX760 2GB
ハードディスク 2TB HDD (SATA3)
マザーボード インテル H87 Express チップセット ATXマザーボード
OS Windows8 64Bit
電源 550W
サイズ 奥行き51cm 幅21cm 高さ44cm
重量 2歳児と同等(13kg程度)
参考価格 127,080円(税込)
本体 : 124,980円(税込)
送料 : 2,100円

■特徴

  • オールブラック
    ケースは黒
    傷が目立ち難く、クールなデザイン
    欲を言えばケース内側も黒だと最高だった
  • 前面にUSB3.0ポート搭載
    USBポートは全部で10口
    前面 : USB3.0 x2 , USB2.0 x2
    背面 : USB3.0 x4 , USB2.0 x2
  • 201308-3-500x374.jpg

  • GTX760も余裕で搭載できるゆとりのあるケース
    グラフィックボードGTX760が小さく見えるぐらい内部にゆとりがある
    その為ケーブル配置やメモリ増設がしやすい構造
    反面、ケースが大きめになっているので事前にサイズを確認しておこう
  • 201308-4-500x374.jpg201308-5-500x374.jpg

性能比較(FF14ベンチマーク)
今回はFF14のベンチマークを利用

【7000~】 非常に快適
非常に快適に動作すると思われます。お好みの設定でお楽しみください。
【5000~6999】 とても快適
とても快適な動作が見込めます。グラフィック設定をより高品質にしても、とても快適に動作すると思われます。
【3500~4999】 快適
快適な動作が見込めます。グラフィック設定をより高品質にしても快適に動作すると思われます。
【2500~3499】 やや快適
標準的な動作が見込めます。余裕があればグラフィック設定の調整をお勧めします。
【2000~2499】 普通
標準的な動作が見込めます。
【1500~1999】 やや重い
ゲームプレイは可能ですが、処理負荷によっては動作が重くなりますので、その場合はグラフィック設定の調整をお勧めいたします。
【1000~1499】 重い
ゲームプレイは可能ですが、全体的に動作が重く感じられます。グラフィック設定の調整が必要で、調整により改善される可能性があります。
【1000 未満】 動作困難
動作に必要な性能を満たしていません。

最高設定 1920x1080でのスコア
私のPC 構成 : 「自作vsゲーミングPC : ガンダムオンラインが快適に動くPC」
20130805FFbenti -mypc
ガレリア (GALLERIA XT-A
20130805FFbenti -galleria

  • 私のPCより一回り上の性能
    キー、くやしい
    私のPCは購入したのが2012年10月と8ヶ月前だから!
    Cドライブに色々データが入ってるせいだから!
    クロックアップなどすればどちらのPCも7000台にいけるような気がする
  • HDDがボトルネック(弱点)
    今回のGALLERIA XT-A
    構成的に申し分ない
    しかし、1点気になるところがある
    それはCドライブハードディスクがHDDと言う点
    購入する方は必ず構成画面でSSDを追加しよう
    ( 価格目安 : 【SSD】 東芝 128GB (HG5dシリーズ) 【+15,980 円】)

■HDD、SSD性能比較(ディスクベンチマーク)
CrystalDiskMark 3.0を使用
私のPCに搭載しているSSDのベンチマーク
型番 : 256GB PX-256M5P
20130805 mySSD
GALLERIA XT-Aに搭載されているHDDのベンチマーク
20130805 galleriaHDD

上から順にざっくり項目説明
左側が1秒間の読み込み、右側が書き込み速度
Seq : 連続している領域への読み書き速度
512K : 512KBのデータをランダムに読み書きした時の速度
4K : 4KBの小さいデータをランダムに読み書きした時の速度
4K QD32 : NCQ機能を使ったランダムアクセスの速度 NCQ機能が無いと低い
512kの欄が普段使う速度に近い

  • 速度のSSD、容量のHDD
    速度はSSDの圧勝
    容量はHDDの圧勝
    つまり、CドライブなどOSが入っているドライブはSSD
    データ保存のドライブはHDD
    そうやって用途をわけることでお互いの長所を活かせる
  • ゲームをインストールするのはSSD
    ベンチマークを見ればわかるように
    SSDとHDDではマップなどのロード時間が圧倒的に違う
    そのためPCゲームを快適に楽しむためにSSDは必須といっても過言ではない

■まとめ

このPCで私が見ているガンオンの世界を体験できる
自作できない人の救世主
2012年10月に私が今使っているPCを購入した値段とほぼ同額で性能は一回り上
自作だとセットアップが必要で結構時間がかかる
しかしゲーミングPCは使える状態で送られてくる
ずいぶんと良い時代になったものだ

■オススメというか必須項目
SSDは「必須」
SSDはゲーム以外の部分でも劇的に変化がある
これからの世代、SSDは必ず実装するべきだ
参考 : 【SSD】 東芝 128GB (HG5dシリーズ) 【+15,980 円】
参考 : 【SSD】 Plextor 256GB (M5Sシリーズ) 【+23,980 円】(オススメ)
今回の記事がゲーミングPC購入に迷っている人の参考になれば幸いだ
■各種リンク

■おまけ
今回レビューしたガレリアを使って実況プレイしてみた

関連記事

ページ上部へ戻る