特集・・・「ゲーミングPCレビュー : 性能比較編 ( G-tune NEXTGEAR i630SA1-SP2 )」

前回【速報】「我が家にゲーミングPCがやってきた! : G-tune NEXTGEAR i630SA1-SP2」の続き
今回はG-tune NEXTGEAR i630SA1-SP2 徹底解剖!!
20130815-1.jpg
G-tune NEXTGEAR i630SA1-SP2
icon
※2013年8月16日現在、この型番は後継機種「NEXTGEAR i630GA2」に引き継がれている

仕様

CPU インテル Core i7-4770
(クアッドコア/HT対応/定格3.40GHz/TB時最大3.90GHz/L3キャッシュ8MB)
メモリ 16GB DDR3 SDRAM
(PC3-12800/8GBx2/デュアルチャネル)
グラフィック NVIDIA GeForce GTX770 2GB (ZOTAC)
ハードディスク Cドライブ : SSD 120GB (Samsung 840)
Dドライブ : 2TB HDD (SATA3)
マザーボード インテル Z87 Express チップセット ATXマザーボード
ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
OS Windows8 64Bit
電源 700W
サイズ 奥行き50cm 幅20cm 高さ43cm
重量 2歳児と同等(13kg程度)
サポート 1年間 標準保障 (初期不良1ヶ月 + センドバック修理保証
参考価格 172,620円(税込)
本体 : 169,470円(税込)
送料 : 3,150円

詳細

筐体上部にUSBポートとSDカード投入口

USBポートは全部で10ポート
前面 : USB3.0 x2 USB2.0 x2
背面 : USB3.0 x2 USB2.0 x4
20130817-2.jpg

前面はカバー付き

ケースは取り外し可能
ケースに取っ手がない為
取り外したほうが持ち運びやすい
20130817-3.jpg

背面に大型ファンとケーブル穴

ケーブルを通すことが出来る穴が2つ付いている
これは水冷や外部ストレージなど色々な用途に使えそう
20130817-4.jpg

内部はビデオカードを入れるための構造

ケースの中部にかなり余裕がある
見てのとおり大型ビデオカード(GTX770)も難なく収まっている
その分HDDベイが4つと少なめ
ストレージ拡張する予定の人は要注意
20130817-5.jpg

ビデオカード

私も愛用しているZOTACのビデオカード
私はGTX660
このビデオカード・・・欲しい
これだけで約5万円するんだぜ・・・
20130817-9.jpg

SSDはSamsung,HDDは東芝

SSDは120GB
Cドライブ120GBだとあっという間に消費してしまう
(OSだけで50~80GBほど使う為)
私は256GBを使っている
BTOは構成を自由にカスタマイズできるので今だったらSSDは256GBがオススメ
本音は512GBだがちょっと高い

参考価格 : 256GB TOSHIBA SSD HG5d シリーズ \ 28,350
参考価格 : 512GB TOSHIBA SSD HG5d シリーズ \ 52,500

20130817-6.jpg20130817-7.jpg
20130817-8.jpg

電源は余裕の700W

GTX770でも十分の700W
80Plus Goldも満たしている
高負荷のゲームでも十分なスペック
ちなみに私は650Wのブロンズモデル
80Plus Goldとは・・・

20130817-10.jpg

性能比較(FF14ベンチマーク)

FF14のベンチマーク(キャラクター編)を利用

【7000~】 非常に快適
【5000~6999】 とても快適
【3500~4999】 快適
【2500~3499】 やや快適
【2000~2499】 普通
【1500~1999】 やや重い
【1000~1499】 重い
【1000 未満】 動作困難

最高設定 1920x1080でのスコア
私のPC構成 : 「自作vsゲーミングPC : ガンダムオンラインが快適に動くPC」
(2012年10月購入)
20130817 mypc ffbenti
G-tune NEXTGEAR i630SA1-SP2
icon
20130817 gtune ffbenti

性能比較(ディスクベンチマーク)

CrystalDiskMark 3.0を使用
私のPCに搭載しているSSDのベンチマーク
型番 : 256GB PX-256M5P
20130805 mySSD
NEXTGEAR i630SA1-SP2に搭載されているSSD 120GB (Samsung 840)
20130817-SSDgtune.jpg

上から順にざっくり項目説明
左側が1秒間の読み込み、右側が書き込み速度
Seq : 連続している領域への読み書き速度
512K : 512KBのデータをランダムに読み書きした時の速度
4K : 4KBの小さいデータをランダムに読み書きした時の速度
4K QD32 : NCQ機能を使ったランダムアクセスの速度 NCQ機能が無いと低い
512kの欄が普段使う速度に近い

感想

私のPCより二回りほど高スペック

特にPCゲームで一番重要なビデオカードが圧倒的
私が欲しいぐらいだ
電源もしっかり確保していて基本構成に隙が無い
さすがベース16万のモデルだ

PC起動が超速

Windows8から高速スタートアップ機能が搭載されている
その為起動が超速い
私のPC (Windows 7 Pro)と比べてみると一目瞭然だ
比較
左 : マイPC 36秒
右 : G-tune 18秒
高速スタートアップとは・・・

静音性

全体的に静か
しかしファンがあるため無音ではない
例えるなら扇風機を弱で回しているぐらいの音

SSDは東芝製をオススメ

私のSSDは東芝製チップを使っている(256GB PX-256M5P
Samsungのものより高品質で書き込み速度が圧倒的に速い
その為SSDを追加する際は東芝製のものをオススメする

モニターは別売りなのでモニター代が別にかかる

G-tuneなどのBTOPCは本体のみの価格でモニターは別売り
そのためモニターを別で用意する必要がある
こだわりが無ければ23型ワイド液晶をつけると良いだろう
[23型ワイド液晶(IPS方式)] iiyama ProLite X2377HS ブラック 3系統/1920×1080 \ 16,800
現在モニターを持っている人はそのまま流用することで費用節約ができる

まとめ

圧倒的高スペック
ガンダムオンラインでもオンラインゲームは何でもござれ
しかしSSD容量に若干難あり
せっかくの高スペックを更に生かすためにも購入する方はSSDを拡張をオススメ
NEXTGEAR i630GA2 構成カスタマイズ画面
icon
オススメ : 256GB TOSHIBA SSD HG5d シリーズ (6Gb/s対応) \ 28,350
計 : 191,100円
本音 : 512GB TOSHIBA SSD HG5d シリーズ \ 52,500
計 : 215,250円

オマケ

PCが詳しくない人にオススメしたい項目
それは「サポート(保証)」
サポートは最低でも3年に延ばそう
3年に延ばした上に「安心パックサービス(専用ダイヤル/即日修理)+ピックアップ修理保証」をつけることをオススメする
PCが詳しくないとわからないことやエラーが起こったとき詰む
そういう時は「PCが詳しい知り合い」より「専門家」に聞くべきだ
15700円で3年間電話サポートが付いてピックアップ修理保証が付く
自分で解決する「手間賃」を考えれば安いと私は思う
ピックアップ修理保証とは・・・
運送業者がパソコン設置場所に来て、製品をサポートセンターへ回収する修理方法

各種リンク

今回のレビュー機「NEXTGEAR i630SA1-SP2」(NEXTGEAR i630GA2)icon
G-tune NEXTGEAR i630 シリーズ
G-tune 公式
他のガジェットレビュー記事
他のゲーミングデバイスレビュー

関連記事

「自作vsゲーミングPC : ガンダムオンラインが快適に動くPC」
「10万で買えるガンオン対応ノートPC」
【速報】「我が家にゲーミングPCがやってきた! : G-tune NEXTGEAR i630SA1-SP2」

関連記事

関連記事

ページ上部へ戻る