レビュー・・・【新機軸Tower Defence「Anomaly: Warzone Earth」】(動画付き)

Warcraft3は偉大だった
ゲーム本編もさることながらMods(カスタムマップ)が大量に作られた
それを許容する海外クリエイター達の包容力は日本も見習って欲しいものだ
代表的なものを二つ上げるとDefence Of The Ancients(DOTA)とTower Defence(TD)
DOTAはMultiplayer Online Battle Arena(MOBA)と言う1つのジャンルとして確立した
League of LegendsやHeroes of Newarthが代表作だ
今後もこのジャンルは増えていくだろう
もう1つのTower Defenceだが、基本は単純なパズルでありながら今までにない奥深さを秘めており
携帯やiphoneアプリで爆発的な人気を獲得した
今や押しも押されぬ人気ジャンルの1つだろう
しかし、あくまで携帯での話であってPCゲームやコンシューマーではまだまだRPGなどの陰に隠れている
そんな中既存のTDとは一味違った作品が発売された
TDマニアとして見逃すわけにはいかない
さっそくプレイしてみたのでレビューしてみようと思う
【作品概要】

anomaly
タイトル : Anomaly: Warzone Earth
ジャンル : 新機軸Tower Defence
発売日 : 2011年4月9日
価格 : $9.99(現在10%OFFセール中で$8.99)
開発元 : 11 bit studios
公式サイト(Steam Store) : http://store.steampowered.com/app/91200/

【評価】

総合評価(TD経験者) : ★★★★
総合評価(TD未経験者) : ★★☆☆☆
プレイ時間 : 4時間(継続プレイ中)
メインモード
難易度 (TD経験者): ☆☆☆☆
難易度(TD未経験者): ★★☆☆☆
アナザーモード
難易度 (TD経験者): ★★★☆☆
難易度(TD未経験者): ★★★★

【ジャンル説明】

TowerDefenceはスタート地点からゴール地点に向かって敵(モンスター)が攻めてくる
それをTowerなどで防衛するのがTowerDefenceと言うジャンル

しかし、この作品は少し変わっている
「敵が攻めてくるのを守るのではなくこちらから攻めてゴールを目指す」のだ
本来のTDと立場が180度変わっている
これがTDマニアにはとても新鮮だった
TDをプレイしたこと無い人にとっては戸惑うことが多いかもしれない

【結論】


序盤は退屈(Stage1~3程度)
中盤以降のめり込む(Stage4以降)

  • 詳細(序盤)
    序盤 = チュートリアルを兼ねている
    TD初心者ならともかくipod touchで大量のTDゲームを購入している私にとっては退屈でしかなかった
    序盤は使える戦車(タワー)の種類が少なくやれることが限られているのだ
    シフトキーを押すことで倍速モードに出来るので要領を掴んだらさっさとクリアしてしまうと良いだろう
    特に詰まることなくクリアすることが出来るはずだ

  • 詳細(中盤以降)
    実質的な本編が始まる
    購入できる戦車が増えアップグレードも可能になる
    それ以外にプレイヤーが直接使えるスキルの種類も増え忙しくなる
    敵の数も一気に増えやりごたえが格段に上がる
    この辺から少しずつ難易度が上がってくる

【長所】

  • 失敗してもチェックポイントからすぐ再開出来る
    これはTD系ゲームにおける最大の長所だと思う
    再開が出来ないタイプのTDは途中でやめることが出来ない上に
    失敗すると同じポイントに来るまで倍の時間がかかる為だ

  • やり込み要素が盛りだくさん
    初回プレイでは1つのモードしか選択出来ない
    ある程度進めると他のモードが開放される
    メインのモードと違い難易度が高いものもあり
    メインを温く感じたプレイヤーも満足出来る

  • 荒廃した町並みが結構作りこまれている
    $9.99と言う値段にしてはグラフィックが作りこまれている

  • 英語がわからなくてもある程度プレイ出来る
    英語がわからなくても何をしたら良いかがわかる作りになっている
    これは好印象

  • 後半で舞台になるTokyoが面白い
    外国人が作ったとは思えないぐらい頑張っている印象
    しかし日本軍隊の衣装が第二次世界大戦時なのは突っ込まざるを得ない

【短所】

  • 失敗してもすぐやり直せるのは長所であり短所
    チェックポイントが結構ある為緊張感が薄い
    この辺は人によって好みが分かれる所だろう
    不思議ダンジョン系が好きな人はアナザーモードまで我慢するしかない

  • 展開が遅い
    倍速モードがあると言え全体的に間延びしている
    じっくりと考える時間を与えすぎている為難易度が下がっているのかもしれない

【まとめ】

この値段でこのボリュームは買い
ステージ6をクリアして他のモードが開放されてからが本番
TDは待つ時間が長いのだがこのゲームは攻めるのがテーマ
TowerDefenceというよりTowerAttackといった方が正しいだろう
攻め好きには溜まらない仕様だ
お手軽価格なので空いた時間にプレイするにはもってこいの作品

【プレイ動画】
Stage 3

途中横道があることに気付かず正面突破していた
突破した後に違和感を感じて気付く
教訓 : マップは良く見ましょう
【余談】
Tokyoステージも録画しているので機会があったら記事にしようと思う
ゲームが進めば進むほどやれることが増えて面白味が増える作品だ
【LoL】
LoLメンテナンスだった為今日はお休み
開発陣がBrandのプレイを配信していた
強い弱いは置いておいてBrandは買う予定

関連記事

ページ上部へ戻る