ガンオン要望 : 大会モード、カスタムモードの実装【ユーザー主催の大会開催へ】

これはかねてから私がほしいと思っていたモード。

ガンオンには大会モード(カスタムモード)が必要である!

他ゲーで言うところのローカルルール部屋みたいなイメージだ。

大会(カスタムモード)詳細

  • 自由に両軍チェックできる観戦者(解説者用)枠の追加
  • 参加者に対するゲーム内報酬は一切無し(不正防止)
  • 全マップ(局地マップ含む)使用可能
  • 参加陣営を指定可能(連邦vs連邦、ジオンvsジオン、両軍入り乱れたチーム設定)
  • 参加人数を任意で指定可能(1vs1から51vs51)
  • 出撃できるコスト制限を設定可能(280以下、360以上、380限定など)
  • 出撃できる兵科を設定可能(狙撃、支援不可。強襲限定。重撃砲撃限定など)
  • 出撃できる機体を設定可能(ガーベラテトラ限定、1年戦争機体限定など)
  • モジュールの有無、ミッションユニットの有無を設定可能
  • 鹵獲機体の出撃可否を設定可能
  • チームオートシャッフル機能
  • S鯖、F鯖統一ルーム(両鯖から1つの部屋へアクセスできる)
  • 追記 : 勝利条件を細かく設定可能(指定ポイント、指定本拠地の破壊、一定数機体撃破など)

大会(カスタム)モードを実装するメリット

  • ユーザーコミュニティ活性化
  • ユーザーが勝手に作品を盛り上げてくれる
  • 運営の人的コストをかけずにイベント実施が可能
  • 不人気機体やマイナー機に光を当てることができる
  • 様々な検証が可能になりユーザーのゲームに対する理解度が深まる

大会(カスタム)モードを実装するデメリット

  • 開発コストがかかる
  • 作ったコストを回収する手段がない(利益に直結しない)
  • 作った所で大して使われない可能性がある
  • 本来想定しない使われ方をする可能性がある(バグ動画など)

このモードにかける想い

この大会カスタムモードは利益回収ではなく投資案件だ。
ビジネス的な視点で見ると売上に一切関係ないため開発コストを割く理由が無い
しかし、この仕組がうまくいけばユーザーのコミュニティ作りへ大きく貢献できる。
少なくとも私がガンダムオンラインをプレイし続けている限りは定期的に何かしら大会を実施する。

ガンオンをプレイしていない人へアピールするために、大会やランキングバトル、ネタ機体限定戦といったユーザーが楽しんでいる様子を外へ伝えられるコンテンツは必要だと思っている。
運営がやろうとするとトーナメントモードなど大掛かりなもので事前準備が必要になる。
そこをユーザーがそれぞれ持つコミュニティ内で実施するようにすることでユーザー間のコミュニティ活性化を図れる。
しかも運営の人的コストが一切かからない上で・・・だ。
その上、カスタムモードの設定で連邦、ジオン混合チームを作れるようにすることで普段いがみ合ってる敵陣営プレイヤーと同じチームでプレイする新しい側面を生むことすら出来る。
そして、このモードが実装されればオフラインで私主催のガンオンイベントが開催できる。
※注釈 : 当然非公式のファン主催イベントだ。オフラインイベントの実施可否に関しては現時点で確認していない(そもそもモードが無いため)※
イベントを開催する場所と手段はすでに手に入れた。後はガンオンが対応すればどんどんガンオンを外へアピールしていきたいという強い想いだ。

大規模戦(52v52)をカスタマイズするのが大変ならば、まずは局地戦(6vs6)をユーザーがカスタム出来るモードだけでも良い。

ガンオンはまだまだ化けることができるコンテンツだと私は信じて疑わない。
ただし、それを化けさせることが出来るかどうかはユーザーと運営が誠実に作品へ関わることができるかどうかにかかっている。
2016年、徐々に私(ユーザー)側の体制が整ってきた。
後は運営側が「場」を作ってくれれば後は私がいくらでも面白い料理を作ろう。

これは数字的見返りのない投資案件なので社内での稟議や決済は通りにくいだろう。
しかし、どこか閉塞感のあるガンオンに一石を投じる手になりうるのではないだろうか・・・!

関連記事

ページ上部へ戻る