レビュー・・・「S4League : クローズベータを終えて」

私自身は大変満足したS4Leagueクローズベータだった
Gunz時代培ったものが活きた
S4League独自のアクションもすんなり身体に入ってきた
それではS4Leagueのクローズベータをまとめてみようと思う
S4league第一印象はコチラ
【結論】

クローズベータの仕様だとサービスは厳しいと思われる
サービス開始してもほどなくサービス終了のお知らせが流れる可能性は高い

【理由】
敷居が高く、プレイヤースキルの差が露骨に出る
逆転要素が少ないのでプレイヤースキルに差があると一方的な試合になる
それでいてオートマッチングシステムが無い
「プレイヤースキルの差がある相手との戦いが避けられない」
【解説】


柔道始めた初日に黒帯と戦うことになりめちゃめちゃ投げられる
恐らく初心者はこんな気分だと思われる
そんな状態で続けようと思うだろうか?
強くなる前に心が折れてしまうのではないだろうか?
初心者を救済する仕組みがなければ初心者は徐々に辞めていく
最後は一部のコアなファンが残る
コアなファンの中でも淘汰が進み最終的にはサービスが維持できなくなる
数多くの対人ゲームがこの末路をたどった
S4Leagueもそうなる気がしてならない
【問題点と対策】

  • ブロック分けが大雑把
    レベル0~20,18~30の2つだけでは少ない
    初心者用のブロックが必須
    例 K/D 0.6以下, レベル0~5, 勝率50%以下など

  • 独自アクションがわかりにくい
    専用チュートリアルの充実

  • 一試合終わると人が大量に抜け部屋が崩壊する
    有利Join,不利抜けの予防も兼ねオートマッチングシステムの実装
    連戦ボーナスや同じ部屋でプレイし続けることのメリットを実装

  • 当たり判定が大雑把
    特に格闘武器で顕著
    ネットコードの改善が必要だと思われる

  • アバターの能力強化システム
    アバターを装備すると能力が上がる
    対人ゲームは平等な条件で戦えることが大事
    日本人は可愛ければ能力関係なく買う
    アバター能力強化値は撤廃した方が良いと思われる

【余談】
これからの対人ゲームはオートマッチングが必須だと思う
【拍手コメント】
GameonはAVAやC9を運営しているのでうまくやってくれそうな気もします

関連記事

ページ上部へ戻る