鉄鬼とFPS全般・・・「FPSのコツ」

今日はFPSにおけるコツを身近な物で例えてみようと思う
男子なら必ずやったことがあるスポーツ
それは・・・

ドッジボール

少年期にやったドッジボールを思い出して欲しい
実はFPSに通ずる点が非常に多い

AIM(狙う)

ドッジボールで相手を狙う時、何を考えていた?
それは「相手の動きを予測する」ことじゃないだろうか

あいつは背が高いから足元のボールには弱い >>足元を狙おう
右側に避ける傾向がある >> 避ける先を狙おう

そんなことを考えて投げた思い出は無いだろうか?

FPSが苦手だ・・・AIMがダメだ・・・と言った方に共通する項目

「相手の居る場所を撃つ」ことが上げられる
ドッジボールで棒立ちしている相手に投げているようなもの
ドッジボールでそんな動きをする人がいるだろうか?

最初に相手がどういう動きをするのか予測することが重要になってくる
予測することが出来て、次に反射神経が必要になるのだ

まとめ

FPSにおけるAIMが良いと言うのは「反射神経が良い」だけではなく
「予測する能力に長けている」と言うことなのだ

・ 相手がどういう動きをするのか
・ 相手の居そうなポイントは何処か
・ 相手が整備に戻るタイミングは何時か
・ 相手のHP残量は幾つか

そういう予測をする癖をつけよう
勿論外れることも多々ある
けれど、FPSは射的では無くドッジボールなのだ
これらを意識してプレイしてみると、貴方のFPSライフが少し楽しいものになるかもしれない

関連記事

ページ上部へ戻る