伝えたいこと・・・「好き嫌いと向き不向きは別」

私はゲームが好きだ
中でも対戦ゲームが好きだ
対戦できるゲームなら何でもやる
しかし、何でも出来るということではない


人には皆決められた能力がある

この能力は万能ではない
私には味方と息を合わせて共同作業をするチームプレイ能力が無かった
一時期チームプレイを頑張ってみたこともある
けれど味方と息を合わせようとすればするほど合わないのだ
これは経験と経歴からくる変えようの無い事実だ
私はこの事実を受け入れている
その代わり私には自分自身に向き合う能力があった
一般的に客観視と言われるものだ
おかげで自分の特性に気付き、自分に合うプレイを見つけることができた
それが個人戦だった
振り返ってみると私がスポーツFPSに流れたのはある種必然だったのかもしれない
そんな私は最近思うことが2つある

LoLは個人でプレイするようには作られていない

連携が重要で個人で出来ることは限界がある
つまり私が本気でLoLをプレイすればするほど苦しむことになると言うこと
だからLoLはほどほどで楽しむことに決めた
それが一番しっくり来る

私のように「好きだけど向いていない」プレイヤーが結構居ると言うこと

更に「自分が向いていないことに気付いていない」と言うこと
特にFPSやRTS(DOTA系)で多い
本人はK/Dやレートを上げると息巻いているものの空回りしているように見えるプレイヤーだ
その努力は素晴らしいことだと思う
しかし、努力したからと言って全て報われるわけではない
こういうプレイヤーは大体ある一定のラインで燃え尽きる
そして誰にも気付かれずひっそりと居なくなる
費やした時間はもう返ってこない
何故誰も言わなかったのだろう
だから私は言おうと思う

「好きでも無理に続ける必要は無い」

無理をすると好きだったものが嫌いになることがある
それが「スランプ」だと思っている
一度問い直してみてほしい
「貴方は楽しめていますか?」
無理してやるぐらいなら辞めた方が良い
私はそう思う

余談

仕事でも無理してるなーって人は大抵燃え尽きてしまう
燃え尽きる前に付き合い方を考えたいものだ

関連記事

ページ上部へ戻る