ガンオン考察 : マップや新コンテンツは限定的な先行配信が必要

アクシズ居住区が追加され、主にジオンが阿鼻叫喚の戦場と化している

新マップ追加は歓迎したい。
しかし、密集度が高すぎるのと一部リスポーン位置が前にありすぎるため展開によっては「出撃即撃破されるというリスポーン狩り」状態に陥る。

見渡しが良く、主なルートが2つしか無いため虚を突く動きができず正面からぶつかり合うマップとなっている。
その2つのルートも障害物が少なく高低差も無いため戦局打破が難しい。
その結果、他マップと同様に最初の突撃で本拠地を壊し切るレースゲームにも展開しはじめている。

ジオやフルアーマーダブルゼータガンダム、クインマンサが活躍しやすいマップを意図的に作って売上をあげようとしているのでは?と思ってしまうぐらい。

そんな一部機体だけが楽しめるようなマップに感じた。
先日行った生放送を見て頂ければ「阿鼻叫喚がどういう状態か」がよくわかると思う。

限定先行配信テスト

生放送内でも言及しているが、売上とは関係しない新コンテンツ(マップなど)は実装前にテストしてはどうか。

本実装2週間前の土日 19:00~22:00、3時間だけ限定実装する。
そこでデータを取って本実装へフィードバックする。もしくはアンケートを実施する。
ユーザーにもデバックに参加してもらってはどうだろうか?

50vs50のマップを作る場合、100人テスターを集めて開発時にテストすることは難しい。そのため「恐らくこんな展開になるだろう」という仮想のもとでしかマップを作れない。
実際のデータがあればそこから修正などが可能になる。

はっきり言って今回のアクシズ居住区は完成度が低く正式実装と言う名のテスト配信だ。

結果として同じテスト配信するなら先行配信でユーザーにも協力してもらってより良いコンテンツにしたら良いのではないだろうか?

LoLやオーバーウォッチなどの有名対戦ゲームは次に実装されるコンテンツを先行的に実装してテストするサーバが存在する。

ガンダムオンラインは50vs50という特殊なゲームなため開発側の力だけでは手に負えない部分もあるだろう。
ユーザーをもっと頼ってもよいのではないだろうか・・・?

関連記事

ページ上部へ戻る