TGS2017 閉幕 写真で振り返る DXRACERブース [東京ゲームショウ2017]

20170921-c000

東京ゲームショウ2017、閉幕。
早い段階から準備していたものの、気がつけばあっという間に終わってしまった。

昨年のTGS2016で初めて顔出しで仕事をさせていただいた。
無名で特に表立った活動をしていなかった私を抜擢して貰ったことに、感謝しかない。
そこから1年、再度お仕事頂きDXRACER関係者の方々にはとても感謝をしている。

20170924-tgs2017-dxracer

昨年の様子

20160918-e074

今年は昨年よりブースを拡大し、ゲーミングチェアを沢山置くことに注力。
ゲーミングチェアのブランドであることをより深く知ってもらうためのブース作りだった。

20170921-022_s

普段店頭などでは見ることができないモデルが多数展示されていた。

20170921-049_s

20170922-092_s

20180923-a001

20170921-018_s

ビジネスデー2日、一般公開日2日、計4日間。
ビジネスデーは業界の人が沢山来るため、かなり面白い出会いが多い二日間だった。
一般公開日に比べ人が少ないためじっくり話すことができるのもこの二日間の特徴だ。
ここでしか会えないような意外な出会いも多く、初日にして喋りすぎて喉が枯れてしまったのは今回一番の失敗。
それぐらい色々な出会いがあった。ビジネスデーはある意味ゲームショーの醍醐味かもしれない。

一般公開日はとにかく人が多くひっきりなしに人が訪れる。

午後は歩き疲れた人の足安めにもなっていた。
面白かったのが、他のブースは人を呼ぶのに大変苦労していたのに対しDXRACERブースは気楽に人が来ていた点。
足安めや他ブースとは違うゲーミングチェアがメインというのが人目を引きやすかったのだろう。
満員御礼でブースの中はてんわやんわだった。
途中行われた各種イベントも大盛況。

あっという間に4日間が過ぎ去っていった(設営もあわせると5日間)
各種イベントのMCという大役も頂き、緊張しつつも何とか乗り切ることができた。
とても貴重な経験と勉強をさせていただいた5日間だった。

DXRACER、超オススメのゲーミングチェアブランドだ。
ゲーミングチェアを検討している人は是非検討してみてほしい。

DXRACER公式サイト

DXRACER ゲーミングチェア DXZ-RDN レッド
Room works (2014-07-01)
売り上げランキング: 19,062

関連記事

関連記事

Freemake Video Converter
動画変換
ページ上部へ戻る