お楽しるび新年会レポート「感謝とテーマと迷い」

20180127-d0030-600

デスイルミネーターやBFシリーズでお馴染み。ビット・トレード・ワン様のイベントスペースにて無事2018年新年会が終了した。

BFKB108ILBK 有線キ-ボ-ド 日本語108キ-
Bit Trade One
売り上げランキング: 179,623

今回を一言で表すと「感謝とテーマと迷い」であった。

感謝

会最後に撮った写真
20180127-d0008-2
途中で帰る方が居たので昼撮った写真
20180127-d0061-2
サプライズで参加者から旗を頂きました!
20180127-d0022-2

今回は参加者が作り上げた会

今回、私は運営業務をほとんど行っていない。
BBQをするための買い出し、出席管理、調理。
そういった会を成立させるためのことを参加者で分担し、ほとんどノータッチだった。
そしてそれで会が成立した。

これは参加者皆の協力で成り立った会だった。

ありがとう

これは重要なターニングポイントであり、今回のテーマに密接な関係がある。

テーマ

20180127-d0054

表業務(キャスト)に専念するための試金石

今までは裏方と表に立つ役(司会などのキャスト)の一人二役をしていたので出来ないことがかなり多かった。
作業量が多すぎて回らない部分も多々あった。
今までのそういったことを踏まえ、今回は「あえて何もしない」というスタンスで臨んだ。

これは参加者からすると負担が増えるし主催者はほとんど何もしないしで今までとは違った見え方をしたと思う。

決して手抜きをしたかったわけではなく、あえてそうした
それでどうなるのか、ちゃんと成立するのか私なりの挑戦でもあった。
私が裏方業務に携わること無く会を成立させることができれば、次回以降表業務へ本格的に力を入れることも可能となる。

結果として会がしっかりと成立してくれた。

おかげで今まであまりできなかった配信やTwitterへの投稿といった外への発信を積極的に出来た。
今回の成立を見て、今後の展望が少し開けたのがとても嬉しい。

ただ、外向けへの発信は出来たものの、来てくれた方への説明やフォローが足りなかった点は否めない。

「イベントをこういった趣旨にしたい」というのを参加者、協力者へ事前に情報共有することを次回以降は怠ってはならないと痛感。

2018年お楽しるび新年会ダイジェスト

迷い

20180127-d0055

今後お楽しるび会をどう育てるか。

2018年のお楽しるび会として「ただ集まればいいのか。それとも何かしっかりとした目標があってイベントを行うべきなのか、そもそも継続するべきなのか?」
そういった迷いのようなものが漠然とあった。
お楽しるび会の今後について、かなり迷っている部分が多い。
毎回何かしら試しつつここまで来たが、昨年のLANパーティーで「やりきった感」が強く、若干燃え尽き症候群に陥っている。
しかし「やりませんか?」と求められている内は続けていくべきだとも考えている。
求められているということはとてもありがたいことだ。

今回、この迷いについての詳しい話はしるラジ#10にて詳しく語っているので良かったら聞いて欲しい。
現時点では「2018年5月11日~13日まで開催されるC4LAN内で何かをやりたい」と思っている。
少し充電期間があるが、ぜひC4LAN 2018でまた集まろう!

関連記事

ページ上部へ戻る