2018最新モデル Microsoft Surface Laptop 文教OS Win10S 初期搭載モデルレビュー

20180404-surface-laptop-brown

今回レビューしたのは「Microsoft Surface Laptop

マイクロソフトのサーフェス。
サーフェスは3種類あり、本格仕様のPRO、文教OS 10Sが初期搭載されたLaptop、2in1コンバーチブルタイプのBook。

それぞれに特徴がある。
今回はお手頃価格でノート型のLaptopをレビュー。
このモデル、初期で文教向けOSであるWindows 10Sが搭載されている。
2018年4月現在、WindowsストアからPROへの無償アップグレードが出来るようになったようだ(以前は期間限定キャンペーンだった)
正直Windows10Sは個人ユースではとても扱いにくい。
その懸念点が払拭されたので大分導入しやすくなったと言えるだろう。

スペックとしては3D性能がそこそこあり、薄く軽いながらパワーを持ったモデル。
ただし、SSDの読み書きが少し遅めなのが残念。
ポート数も少ないのでビジネス用途だと色々と戸惑うシーンも多くなるだろう。
軽く薄いので持ち運びもしやすいモデル。

動画で詳しくレビューしているのでぜひ見て欲しい。

レビュー動画

目次

4:53 つけてみた(キーボードバックライト)
5:10 タッチ操作(ペン操作)
8:22 まさかの
9:43 ベンチマーク
11:34 温度チェック
12:28 まとめ

リンク

ゲーマー向けパソコン購入ガイド

g-tunexsilv-corabo-468

カテゴリー別動画再生リスト

関連記事

関連記事

ページ上部へ戻る