ガンオン攻略 : DX57機体 暫定評価値追加とユニコーンの弊害

新機体4機評価値追加
シナンジュは決定力不足、特にダウンポイントの高い武器を持たないため自分から積極的に攻めにくい。
ユニコーンはビームマグナムが高ダウンポイント高威力、優秀な当たり判定と圧倒的性能のため中距離からばらまくだけでジオン機が蒸発する。
同じ中距離において射撃性能に大きく差があり、そのまま評価差につながった。
デストロイモードと高機動モードはどちらもゲージが貯まる速度がとても遅く実用性が低い。
使えば非常に強力なのは間違いないが1試合に1回使えるかどうかというシステム、かつ持続時間が短いため加点要素にはならず。

シナンジュはロケット・バズ―カがユニコーンのビームマグナムのように直射型のライフルであったなら評価も少し変わったのだが・・・。
爆風弱体化された直後に爆風武器が主力にならざるを得ない(他に武器が無い)コスト400機をなぜ投入しようと思ったのか。
おかげで戦場にはユニコーンが溢れ、中距離から一方的にジオン機体が蒸発していく戦場が増えている。
せっかく統合整備計画で戦いやすくなった戦場が一気に統合整備計画前へ逆戻り。
中距離において強化型ZZやフルアーマーZZが爆風垂れ流していた戦場からユニコーンがビームマグナムを垂れ流す戦場にかわっただけ
この偏ったバランスのままランカーバトルとかやるのは正直どうかと思うのだが・・・。
特に中低コストが一瞬で溶けてしまうバランスのため戦場が高コスト一辺倒になり、最近の新機体や高コスト以外、戦場での人権(居場所)が無い
高コスト機を持たないと上位階級戦場ではリペアする以外道がない状態。
高コスト機を複数持つ人にとっては戦いやすくなったと感じる反面、中低コストを積極採用して戦っていた人にとっては距離700ぐらいから顔を出しただけで即溶ける戦場になってしまった。

今はアップデート直後のお祭のため、全体的な参戦モチベーションも高いが、1、2週間もすると色々な不満が噴出してくるだろう。

ユニコーンを弱体化するということは前例を見ても無い(極端な弱体化はギャンゾゴック以降無い)
そうなるとシナンジュの強化でバランスをとってくると思われる。

それだと結局高コスト偏重は変わらない。
中低コストを使って高コストを倒した際にはコスト差撃破ボーナス(コスト差100で +7程度)のような中低コストを使うメリットの提供。
そもそもコスト340までしか登用できないマップ。 例 トリントン港湾基地(コスト340制限)
そういった色々な機体で楽しめるようなアプローチがほしい。
そうすることで中低コストの新機体を投入してもDXガチャを回しやすい環境になるのではないだろうか。

「今」(アップデート直後)だから皆麻痺しているだけであって、このまま2週間も放って置くとせっかく統合整備計画で上がった評価が台無しになってしまう。

それがとても勿体無いと感じる。
早急な次の一手に期待したい。

関連記事

ページ上部へ戻る