マウスレビュー・・・「手に優しい、疲れない5ボタンマウス : エレコム M-XG2UBBK 」

20131209-002

今回は私オススメマウスのレビュー
ゲーミングマウスと言うよりは日常使用マウス

慣れればゲームにも十分使えるが最も輝くのは長時間の事務仕事

そんな「エレコム : M-XG2UBBK」の紹介

製品情報

メーカー : エレコム
型番 : M-XG2UBBK
サイズ : 幅81.0mm×奥行119.0mm×高さ41.2mm
ケーブル長 : 1.5m
重さ : 約114g
ボタン数 : 5個
分解能 : 800/1200/1600カウント

外観

正面

手を置きやすいフォルム

20131209-003

左側面

サイドボタン2つには進む(FORWARD)と戻る(BACK)の印字付き
専用ツールで独自キーを割り当て可能
サイドボタン下の親指を置くところはラバーグリップ仕様で滑り止め付き

20131209-007

右側面

右側面に薬指を置くスペースがある
ここがこのマウス最大のポイント
この薬指置きのおかげで手への負荷がとても低い
このスペースもラバーグリップ仕様

20131209-004

前面

大きめのホイール
中央にはマウス感度を3段階に変更するボタン(SPD)付き

20131209-005

背面

大きめなソール
一般的な事務用マウスよりかなり大きいソール
レーザーはBlueLEDを使用

20131209-006

特徴と感想

手の負荷を軽減する握り安さを追求したデザイン

ハンドレストがなくても疲れにくいフォルム
手首に無理な力が働かないため本当に疲れない
長時間の事務作業をやると効果が実感できる

多彩なサイズ、モデル

このマウス、LサイズとMサイズの2種類存在する
それぞれワイヤレスタイプと有線タイプがあり、計4種
好み、スタイルにあったものを選べる

マウスカウントを3パターンから変更可能

私は800を常時使っている
マウス側にデータを保存しないためPCを起動すると1600(初期値)に戻る
現在どのカウントか確認する手段が無いのが難点
SPDボタンを押すと 1600 > 800 > 1200の順にサイクルする
マウスを左右に振って振れ幅で確認するしかないのがこのマウス最大の欠点

サイドボタンは切替可能

エレコムマウスアシスタントを使うことでキーバインド可能

20131209-008

ホイール「フライングスクロール機能」が便利

ホイールを1回スクロールすると自動でその方向へスクロールし続けてくれる補助機能
当ブログの様な縦長のサイトをみる時重宝する
一発で下まで自動スクロール

BlueLEDで色々な環境で使用可能

透明シートや紙、ガラスなどでも使用可能
独自のBlueLEDで様々な環境に対応

まとめ

業務など、長時間使用するマウスとして最適

手への負担がかなり軽減する
フライングスクロール機能やサイドボタンで細かい負担を大幅に減らせる
サイズもLサイズとMサイズと自分にあったサイズを選べるのがポイント
価格もお手頃で気軽に試せるのも長所
慣れればゲームにも使えそうな気がしている

実況ガジェットレビュー

リンク

Lサイズ有線モデル(今回紹介したモデル)
Mサイズ有線モデル
Lサイズワイヤレスモデル
Mサイズワイヤレスモデル
公式サイト
他のゲーミングマウスレビュー
他のガジェットレビュー

関連記事

関連記事

ページ上部へ戻る