CoD BO2・・・「初心者のススメ : リスポーンルールを理解する」

CoDシリーズはリスポーン位置が自動で変化する
従来のリアル系FPSには無いシステムだ
その為従来のFPSに慣れている人が一番戸惑うポイントだろう
リスポーンルールを理解することが初心者脱却の第一歩となる
リスポーンルールを理解すると「敵が何処に居るのか」をUAV無しで把握できるようになる
【リスポーンルール概要】
※経験に基づくコツ、正確な検証をしたわけではありません※

  • リスポーンポイントは決まっている
  • モードによってリスポーンポイントは別
  • MW3よりそれぞれのリスポーンポイントが近い

【モード別リスポーンルール : TDM (キルコン)】

  • マップを何分割かに分け味方が多い地区のリスポーンポイントへ復活する
    このルールのせいでBO2は「裏取りの継続性が低い」
    裏を取ったら即味方が真横に復活した経験は無いだろうか
    これは裏取りをするとその地区の敵が減り味方のリスポーンポイントになるからだ

  • 地区の味方が減ると敵のリスポーンポイントになる
    篭りプレイが成立し辛いのはこれが理由
    逆に味方が近くへリスポーンしたら「敵は近くに居ない」

  • 大事なのは敵の位置より味方の位置と数
    敵の位置は味方の位置を見ることで推測できる
    味方の数が少ない地区が敵の潜在ポイントだ
    周りに味方が少なかったら敵が復活してくる可能性がある

【モード別リスポーンルール : FFA】

  • Killをしたプレイヤーの背後側にリスポーンする
    私がAを倒す
    Aがリスポーンする(USEキーを押す)
    AがUSEキーを押した瞬間、私の背後側にあるポイントへリスポーンする
    FFAをする上でこれを知っているかどうかが勝敗を左右するレベル
    プレイ動画で同じプレイヤーを連続で倒しているのはこのルールを知っているから

  • リスポーンポイントはマップ外周
    マップ中央にリスポーンすることは無い
    (中央寄りにリスポーンすることはある)

  • TDMと違い真横だろうとリスポーンする
    TDMは敵が近くにリスポーンすることは無い
    FFAは関係なくリスポーンする

  • FFAは敵を倒した後の行動が重要
    向く方向を管理することで「敵のリスポーンを管理」できる
    倒された際は敵の背後側にリスポーンしたことを念頭に行動しよう

【まとめ】

見えない敵を可視化するのはUAVだけにあらず
慣れてくると「敵がどの辺に居るのか」がわかってくる
FFAでは必須のスキルでもある
TDMでは敵の位置以上に味方の位置を
FFAでは倒した時の向きを確認しよう

【余談】
MW3よりリスポーンポイントの間隔が短いせいで敵が孤立し辛い
おかげで私の様な突撃野郎はゴーストサプレッサー無しでの裏取りは厳しいのが現状

関連記事

ページ上部へ戻る