特性こそ全て「限定機より量産機が勝る理由」

#ガンオン ガンオンの真価は機体特性にあり。

有名な高コスト機や手に入れにくい機体にばかり目がいくだろう。
しかし、実際は低コスト量産型の方が戦果を上げやすい。

機体特性の低い高コスト限定機より機体特性MAXの低コスト量産機。

量産型は入手難度が低い。
つまり機体特性を上げやすいという最大のメリットがある。

機体特性が高いと言うこと

ロケットシューターの場合

・ F型バズーカ : 威力MAX強化

特性無し : 7700ダメージ
特性MAX : 8855ダメージ

・ チャージバズーカN型 : 威力MAX強化 (フルチャージ)

特性無し : 5500(8250)ダメージ
特性MAX : 6325(9487)ダメージ

・ チャージバズーカF型 : 威力MAX強化(フルチャージ)

特性無し : 6600(9900)ダメージ
特性MAX : 7590(11385)ダメージ

ビームシューターの場合

・ チャージビームライフルF型 : 威力MAX強化(フルチャージ)

特性無し : 3300(4950)ダメージ
特性MAX : 3795(5692)ダメージ

・ ビーム・ライフルB3型 : 威力MAX強化

特性無し : 1430ダメージ
特性MAX : 1644ダメージ

・ ビームライフルF型(試作型) : 威力MAX強化

特性無し : 2200ダメージ
特性MAX : 2530ダメージ

リペアマスターの場合

・ リペアトーチ : 回復力MAX強化

特性無し : 330 回復
特性MAX : 379 回復

・ リペアトーチR2(FM) : 回復力MAX強化

特性無し : 550 回復
特性MAX : 632 回復

ダメージ、回復アップ系は特に有効

見ての通り、ダメージや回復力がかなり変わる。
ビームシューターは1発の威力なので1マガジン分だとかなり差が開く。

高コスト機も低コスト機と同じ武器を持っている

・ 先行型ゲルググ(コスト340)とザクIIF型(コスト220)

どちらも同じ威力7700のFバズーカを持っている。

・ ガンキャノンSML(コスト340)と初期ジム(コスト200)

どちらも同じ威力3300のチャージビームライフルF型を持っている。

高コスト機は機動力やオリジナル武装を持っていることが多い。
しかしその威力を底上げすることは難しい。
同じ武器を使うなら低コストで特性を上げやすい機体の方がオススメ。

オススメ機体特性と機体一例

()はGPガチャ機体。

ロケットシューター

・ジオン
ザクIIJ、ザクIIF(重)、ザクIIF2、ザクマリンタイプ、ザクIIF、ザクIIS

・連邦
デザートジム、陸戦用ジム、(ジム寒冷地)、(陸戦型ジム : 強襲)

ビームシューター

・ジオン
(アッガイ)、(ズゴック)

・連邦
初期型ジム、ジム後期生産型、

リペアマスター

・ジオン
ザクワーカー、ザクIIJC

・連邦
ジムトレーナー、陸戦型ジム

ミサイルシューター

・ジオン
ザクマリンタイプ、(ゴッグ)

・連邦
アクアジム

キャノンシューター

・ジオン
ザクタンク

・連邦
量産型ガンタンク

クイックリロード

・ジオン
ザクIスナイパー、ザクIIJ、ザクIIF(重)

・連邦
ジムスナイパー

まとめ

「低コスト、入手難度が低い、ダメージアップ特性」

この3つの要素を持った機体をオススメ。
今回はダメージアップ系の特性をメインに紹介した。
ダメージアップ以外の特性も使い方次第で脅威となる。
いずれ今回紹介できなかった特性に関しても記事にしたい。

関連記事

関連記事

ページ上部へ戻る