プレイステーション4、32.2万台で好調?

引用元 : ファミ通「プレイステーション4は2日間で32.2万台と好調な滑り出し」

ゲーム総合情報メディア“ファミ通”は、2014年2月の国内家庭用ゲームソフトとハードの売上データを公開。集計期間は、2014年1月27日~2014年2月23日(4週分)。

2月22日に、国内でも販売が開始されたプレイステーション4が、2日間で32.2万台を販売する好スタートを切った。ソフトランキングはニンテンドー3DS用ソフト『ドラゴンクエストモンスターズ2 イルとルカの不思議なふしぎな鍵』がトップ。プレイステーション4の本体と同時発売されたタイトルも上位にランクインしている。

あれだけ噂になったPS4
32.2万台で「好調」なのか

出るソフト、出るハード100万台を当たり前の様に超えていた時代もあった(ハードは例外あり)
その時代を知っている私からすると「売れなくなった」と感じる

今までコンシューマーに居たライトゲーマーはほとんどスマフォに移行してしまったのだろうか

開発費の高騰をこの販売数ではまかないきれない
ますます洋ゲーのトリプルAタイトル(開発費数億)との差は開くばかり

日本のゲーム人口自体が減ったのだろうか・・・?
それともオンラインゲームやスマフォ、携帯ゲームにシフトしているのだろうか
かくいう私もコンシューマーは何年も触っていない

このままどんどん減り続ける運命なのだろうか?

新作ゲームをゲーム屋で買って家に着くまでのわくわく感
初めてプレイする時のドキドキ

ふと、そんなことを思い出した

関連記事

関連記事

ページ上部へ戻る