創造的過疎とは

なぜ過疎の町に若者や起業家が集まるのか

徳島県の片田舎に神山町という町がある。人口6000人あまりの小さな町で、吉野川の支流、鮎喰川の上流部に位置している。少子高齢化も進んでおり、高齢化率は46%に上る。過疎化に苦しむ、日本の中山間地の典型のような場所だ。

ところが、神山はIT(情報技術)ベンチャーの“移転”に沸いている。

数少ない成功例となりうるのか・・・?
こういうことをやっている地方自治体は数知れない
思ったほど効果を上げている自治体は数えるほど無い

ひとつのテストケースとなりえるのか

今後に注目したい

余談

ガンオンやオンラインゲームも過疎化と上手く付き合っていってほしいものだ

関連記事

関連記事

ページ上部へ戻る