ゲーミングマウス : Steelseries新製品 Rival を触ってみた

秋葉原のアークでSteelseries新製品ゲーミングマウスRivalを触ってきた
早速その感想

※そんなに長時間触っていないため参考程度※

Steelseries Rival

フォルムが左右非対称


Steelseriesにしては珍しい左右非対称モデル
右手用となっている

20131225-004

サイドボタンが既存製品と別モノ

SENSEIやKANAとは全く違うボタン形状
ちょっと押しにくかった
特に奥側のサイドボタンは手が大きくないと厳しい
センターのDPI変更ボタンもSENSEIなどより小さい

20131225-005

両サイドに滑り止め付き

マウス両サイドはゴツゴツしたソフトラバー
おかげで滑りにくくなっているが触り心地はイマイチ

20131225-002

SENSEIと同じ大きさのビックサイズ

こうやってSENSEIと比べてみるとわかりやすい
フォルムや使っている部品が別モノ
既製品とは別モノだと思った方がいい

20131225-001

ソールは小さめ

大きな身体に似合わずソールは小さめ

20131225-003

まとめ

Steelseriesと言うよりRazer製品を触っているような感覚
そもそものターゲット層が既製品とは違うようだ
私の中ではSENSEIが鉄板
そのためこのマウスの必要性がどうにもピンとこない
価格もちょっと高めなのがいただけない

第一印象は「イマイチ」なゲーミングマウスだった

Razer製品使いの人がSteelseriesに挑戦する際、すんなり入れるマウスかもしれない

リンク

SteelSeries Rival 62271
SteelSeries Sensei 62150
SENSEIレビュー
KANAレビュー
他のゲーミングマウスレビュー

関連記事

関連記事

ページ上部へ戻る