【時代は中国】中国テンセントがRiot Gamesを完全子会社に

cat-lol

中国最大手のゲームメーカーTencentは、「League of Legends」をグローバルで展開する米Riot Gamesを買収し、完全子会社化したことを明らかにした。近日中にも両者より正式発表が行なわれる見込み。

 Tencentは「League of Legends」の中国展開に合わせてRiot Gamesに出資を行ない、両社はパートナーとして協業を続けてきた。今回の買収により、Riot Gamesは中国系企業となる

引用元

Riotは以前からテンセントに出資を受けていた。それが今回完全に傘下に入ることとなった。
オンラインゲームで最も伸びている会社が中国傘下。既にテンセント社は色々な会社を傘下におさめている。
今後もこういった話が増えることだろう。

そして残念なことに日本は保守的なためこういった好意的買収に否定的。
そのためか日本のゲーム企業はほとんどが海外からそっぽ向かれている状態。唯一カプコンだけがその可能性を秘めている。

ゲーム市場もガラパゴス化している日本。

「ゲームといえば日本!」という時代を知っているだけに現状が少し物悲しく感じるのであった。

関連記事

ページ上部へ戻る