ガンオン考察 : キュベレイ、百式調整第一弾

ガンオン攻略

2016年1月20日。
キュベレイと百式が強化された。

詳細は公式参照

結論を言うと「第2弾強化がありそう」
今回は百式に焦点を当てた強化。次回はキュベレイに焦点を当てた強化といった感じか。

百式

アーマーと最高速度、ショットガンの威力が上がった。

脆さは変わらずだがショットガンの威力が非常に頼もしくなった。ただし、連邦の強みである盾持ち機体によるライン戦能力が落ちてしまっているのが難点。
フルビームコーティングがあるものの万能では無いため、扱いが難しい所。

キュベレイ

ファンネルのロックオンが早くなり使い勝手があがった。ショットガンの威力も百式と同じくアップ。

ファンネルが強化されてしまったおかげで中途半端な重撃機もどきになっている。
安全圏からファンネルを飛ばしては隠れるというのがメイン戦法。
結局巨大な被断面積がネックとなり強襲機とした立ち回りは現在の仕様では現実的ではない。
中衛ファンネル特化として使うならソコソコ戦えなくは無いが、コスト380の強襲機にソレを求められているのかは疑問だ。
正直ファンネルを撃つだけならゲルググキャノンで中衛ラインとして参加した方が貢献度は高いという気がする。

以上から、キュベレイは現状趣味機体の枠を出ない。
百式は実用性が上がったものの、ライン戦という連邦の強みを奪ってしまう可能性がある。

両機体ともに癖が強くコスト380という高いコストがネックとなる。
そして現行の360コストとどうしても比較される。
そういった点から、統合整備計画辺りで第2弾強化が実施されるのではないだろうか。

個人的には機体単体を強化するのではなく、防御面やシステム面での調整が必要に思われる。

正直キュベレイをどんなに強化したところで機体が大きい機体は現在のガンダムオンラインでは活きない。
違う方向からのアプローチが必要だろう。

コストの見直しやモジュールの追加調整などが欲しい今日このごろだ。
統合整備計画でその辺に関して踏み込んでくれることを密かに期待している。

タイトルとURLをコピーしました