ガンオン攻略 : ボリノーク・サマーンの評価とステータス

ボリノーク・サマーンの評価

gundam-pmx-002-002

評価値

5 : ★★★★★

特性別おすすめ度

コンバットカスタム 高機動カスタマイズ 追加装甲

ボリノーク・サマーンの強い点 / 使える点

強襲機並みの機動性と最高速度

最高速度1200、高機動カスタマイズがあれば1250近くになる。ブーストも強襲仕様であり低コスト支援機とは比較にならないほどの機動性を誇る。

格闘型 回復兵器「シザースクロー」

アクションキーで攻撃モードと回復モードを切り替えることができるシザースクローを所持。攻撃と回復を1つの武器で兼ねた優秀な兵器。
味方を回復モードで攻撃すると回復可能。ダッシュ回復は回復量が1.25倍になる。ダッシュ格闘による攻撃は威力3倍。

シザースクローの高い回復力

シザースクローは回復量が1発最大6600(660回復)。この回復量にはコンバットカスタムが適用される
特性がコンバットカスタムならば、シザースクローの回復量が増える上に、攻撃モードでのダメージも増加する。
その上、格闘武器のため弾薬やリロードが無く使い放題

固有モジュール「センサーポッド」

ミノフスキー粒子を無効化しミノフスキー粒子下の戦艦、ビーコンへ搭乗、出撃可能。

攻撃武器が豊富

シザースクローをはじめ、内蔵肩部ミサイル、榴弾、ビームガンといった射撃武器が豊富。

支援兵装も豊富

シザースクローをはじめ支援機に必要な武器は一通り所持している。複合探知システムで自機周辺を移動しながら索敵も可能。

ボリノーク・サマーンの弱い点 / 使えない点

特徴的で巨大な機体

機体が大きく被断面積が広い。特徴的なフォルムのため敵機に狙われやすい。

高コスト

コスト300。性能や武装が秀でているものの気軽な運用や乗り換えが効かない。

緊急帰投が低く柔軟性に欠ける

緊急帰投が低いため緊急帰投を利用した移動がしにくい。

回復できる距離が短い

シザースクローを当てなければならないため、回復できる距離がトーチに比べるととても短い。
そのため最前線での回復行動が他機体に比べるとハイリスク。

ボリノーク・サマーンの総合評価

回復量トップの次世代型支援機。格闘で回復するのが特徴。

シザースクローによる圧倒的な回復量は従来の機体と一線を画する回復量。
まさに次世代の回復支援機。
瞬間的に回復させることができるので脅威の前線支援力を発揮する。
シザースクローはコンバットカスタムが適用され、カメラガンでのロックオンを解除が可能。
シールドリペアモジュールも適用されるためシールドも回復させることができる。

難点は3点。

1. 機体が大きいため被断面積が広く狙われやすく、味方の攻撃や味方のリペアトーチなどを塞いでしまうこと。
2. 格闘モーションでの回復なため実射程がとても短い。最前線で撃破された味方を復活させるためにはAED並に近づく必要があること。
3. 武装選びにこまる、コストが高く緊急帰投が低いため僻地レーダーや対空砲設置のような使い捨て運用がしにくいこと。

銀設計図でも運用が可能な優秀な支援機。
リペアトーチで回復するのが億劫になるほど圧倒的な回復量を持った次世代型の支援機。




ステータス

コスト : 300
ダウンゲージ : レベル2
特徴 : 全体的にかなり高い

武器

リペア・ビーム・ガン
複合探知システム
改良レーダーポッド
リペアポッド
弾薬パック
修理パック
設置式対空砲
索敵機要請グレネイド・クラッカー
シザースクロー
肩部グレネード・ランチャー
肩部ミサイル・ランチャー
【一部金設計図】 ビーム・ガン

主な武装例

基本兵装
シザースクロー リペアポッド
修理パック
攻撃武器
改良レーダーポッド
複合探知システム
設置式対空砲

強化のコツ

  • 機体
  • 積載量、最高速度、アーマー、緊急帰投、ブースト容量、ブーストチャージの優先順位。機動性や足回りを優先する場合は緊急帰投を上げずに機動力でカバーすることも可能。

  • 武器
  • シザースクローは威力MAX。

    設置型兵器は稼働時間と効果範囲を優先。

    弾薬パック、修理パックは回復量を優先。

    攻撃武器は威力、ロックオンを優先。
    ただし当機体で攻撃行動は被断面積の関係上、あまりおすすめしない。
    シザースクローでの迎撃ぐらいに留めておくと良いだろう。

おすすめモジュール

  • 何も積まないで再出撃時間を下げる
  • 弾薬補助
  • 大破抑制

攻略記事リンク

関連記事

ページ上部へ戻る