Ndivia ファンイベントで新作「For Honor」体験やプロゲーマーと対戦してきた

20170127-a0016

2017年1月27日、秋葉原のEスポーツスクエアで開催されたNFAN MEETUP TOKYOへ行ってきた。

主なコンセプト

  • Nvidiaの製品紹介
  • プロゲーマーとの対戦会
  • 2月に発売されるFor Honorの体験プレイとOverwatch対戦会

20170127-a0092

元プロゲーマーからNvidiaの中の人となった「Noppo」氏の挨拶から始まった。

20170127-a0040

司会進行は「Stansmith」氏

20170127-a0075

今回は珍しく複数チームのプロゲーマーが集結。

20170127-a0053

USG-Supremeの「DEBUFF」氏、RAP-KINGDOMのお二人「DEXO」氏と「LASTY」氏
DetonatioN Gamingの「SumomoXQX」氏、Dustelbox氏、板橋ザンギエフ氏。

私はゲーセンっ子なので板橋ザンギエフといえばストリートファイターで馴染みが深い。
他の方は面識がほとんど無いのだが、For Honorを練習していた際、SumomoXQX氏が、操作方法をフランク且つ丁寧に教えてくれた。

20170127-a0049

プロゲーマーの挨拶が終わった後はNvidiaの技術的セッション。今回の目的はコレ。
Nvidiaのプレゼンが聞きたくて行ってきた。

20170127-a0057

Pascalにおける技術的な革新が第1セッション、第2セッションではスクリーンショットを360度で撮ることすら可能な「ANSEL」という機能の説明。
従来のスクリーンショットをGPU側で360度に拡大して撮ることが可能になるという。
ガンオンの立体的なスクリーンショットやDOAのガチパンチラショットなど未来は明るい機能だ。
冗談はさておき、中々興味深い機能なのでぜひ試してみたい。

第1セッションと第2セッションの合間にプロゲーマーとの対戦イベントが実施された。

For Honor

3人称視点と近接武器で戦うMOBA。刀と刀がぶつかり合う熱いゲームとなっている。今回のイベントで初めてしったのだが、めちゃめちゃ楽しかった。

20170127-a0025

20170127-a0032

先着立候補で対戦イベントプレイヤーを募集していたので参戦してきた。
こちらがイベントプレイヤー側の席。こういうイベントでは見る側なので中々テンションの上がる試合だった。

20170127-a0083

4vs4に分かれてチーム戦を行ったのだが、当チームにDustelbox氏が参加。
事前にフリープレイ席でちょっとプレイしていたため結果として「大勝」
勝者限定のNvidia特製サングラスをゲットしたのでどっかでかけてみようと思う。

そんな感じでとても雰囲気良くイベントは進行していた。
ただ、1点だけ残念な点があった。
それはFor Honor対戦イベントが終わり、Nvidia第2セッションの最中。

20170127-a00115

会場にはOverwathのフリープレイ席が数席用意されていた。
今回来ていたプロゲーマーが集まってセッションとは別にOverwatchで勝手に盛り上がっていた点。
主催者側であるNvidiaのセッションを招待されたプロゲーマーが誰も聞いていないというのが非常に気になった。
今回一般や関係者あわせて50人近くいた。一般参加からするとその光景は「印象が悪かった」
オフ会ではないのでプロとしてその辺はしっかりしてほしかったというのが正直なところだ。

そういったシーンを見て盛り下がってしまったのでOverwatchの対戦会は見ることなく帰宅した。

Eスポーツスクエアはスペースも広く対戦イベントから製品体験会やファンイベントなど様々なイベントが実施されている。
今後もこういったイベントが開催されるなら、また参加してみたい。
ただ、全体的にかなり暗いので写真を撮る人のために多少照明を明るくしてくれると嬉しかった。

ギャラリー

20170127-a0081

Overwatch リーパー特別仕様のゲーミングPCケース。

20170127-a0070

20170127-a0037

関連記事

ページ上部へ戻る