2019年にモバイルバッテリーが値上がりする話 [PSEマーク]

今回はちょっとしたお話と「Anker PowerCore II 20000」の開封。

モバイルバッテリーは2019年2月で値上がりする。
正しくは「現在格安で売られているモバイルバッテリーが販売禁止になる
そのため、現在の平均価格に比べ値段が上がるという話。

電気用品安全法(PSE)が適用されていないモバイルバッテリーは2019年2月1日から販売、製造が禁止される。

経済産業省では、平成30年2月1日付けで「電気用品の範囲等の解釈について(通達)」を改正し、ポータブルリチウムイオン蓄電池(いわゆるモバイルバッテリー)を電気用品安全法の規制対象としました。
 なお、1年間の経過措置期間を設定していますが、期間終了後(平成31年2月1日から)は、技術基準等を満たしていない当該製品の製造・輸入及び一切の販売が出来なくなります。
 手続等には相応の時間を要しますので、余裕を持って準備してください。

中略

対応が必要となる者
 対応が必要となる事業者は、規制対象となるモバイルバッテリーの「製造者・輸入者・販売者」です。
 自身での使用を除き、当該製品を「製造又は輸入する者」は、業種や販売方法、個人・法人を問わず手続が必要です。また、法第27条(販売の制限)では、「販売する者」に対しても、PSEマーク等の表示が無い製品を販売又は販売の目的で陳列することを禁止しています。

モバイルバッテリーの販売が出来なくなります(電気用品安全法)

2017年辺りから世界的に低品質なモバイルバッテリーの爆発事故が増加したため、今年の2月1日に法改正された。
猶予期間が1年間あり、来年2019年2月1日以降は完全に禁止される。

秋葉原やAmazonで売られている安いモバイルバッテリーはほぼPSEマークが入っていない。
私が持っているモバイルバッテリーも入っているものの方が少なかった。
そこで今回はPSEマークが入っているAnker PowerCore II 20000を先んじて購入。

飛行機による海外旅行や国内旅行にPSEマークの無いモバイルバッテリーの持ち込みが規制される可能性も視野に入れたからだ。
単純所持に関しては規制が無いものの、事故が増えればそういった規制が入るかもしれない。

知っていて損はない話だろう。

モバイルバッテリーを購入予定、もしくは所持している人はPSEマークに関してチェックしてみることをおすすめする。

動画

目次

0:35 ANKERについて
1:09 PSEマークについて
2:02 開封
2:51 本体
3:23 重量
3:41 他バッテリーと比較

リンク

ゲーマー向けパソコン購入ガイド

g-tunexsilv-corabo-468

カテゴリー別動画再生リスト

関連記事

ページ上部へ戻る