ガンダムアストレアタイプFとラゴゥをガッツリ使ってみた結果

ガンダムアストレアタイプF、ラゴゥともに良いものは持っている。
しかし、使えば使うほど「物足りなさ」を感じる機体。

ガンダムアストレアタイプFは最初の一手に欠け、ダウンポイントを奪う手段に乏しい。
GNサーベル(投擲)も構えるモーションや投擲モーションが発生するため瞬発力に欠けるため扱いにくい。
あまりにも扱いにくいので最終的にはGNダガーを装備から外してしまったぐらい。
GNサーベル(投擲)が通常のネットバズーカのように扱えるだけでも大分印象は違うだけに残念。
肝であるゲージ武器も発射モーションがかなり長く集団戦限定技となっている。
色々と惜しい機体。

ラゴゥはダウンポイントを奪う能力は抜群に高いものの追撃力に乏しく撃破を奪いにくい。
ダッシュ格闘の範囲は良いものの、バズーカ格闘コンボをするにはコストがずっしり重くのしかかる。
そういった理由から敵を眼前でよろけさせても撃破できない、または撃破したものの自分も大破というシーンが多発する。
同じコストにギラ・ズール(エリク)が居るためバズーカ格闘するならガード体勢を持ったエリク機の方がしやすい。
もう一つ中距離から撃てる追撃用の射撃武器があるだけでも大分印象は違うだけに残念。

ガンダムアストレアタイプF、ラゴゥともに惜しい機体。

そんな結論に至った昨夜の生放送アーカイブ、よかったら見てね。

関連記事

ページ上部へ戻る