新昇格システムでリベリオンに漂う何とも言えない悲壮感

階級システムが変わりリセットも実施された。
それからというもの、全体的にポイントへの意識が強くなっている印象を受ける。
昨夜の放送では少将から中将への昇格試験が実施されたのだが、3連敗でも個人評価がA以上ならば昇格する。
そのため勝敗よりもポイント稼いだ方が昇格しやすいシステムという感想だ。
結果、テキサスコロニーで3へ誰も行かず4を取られてKDでは勝利していたのに本拠地を殴られて負けてしまうといったことが起こってしまった。

正直この昇格システムは余計なお世話に感じた。

現在、フリーダムが戦場に溢れかえっており、リベリオンの勝率がかなり悪いマップがある。
そういったマップにおいては最初から勝つことを放棄してポイントを優先した動きに終始するといった傾向が強くなっている。
かたやオーダーでは基本的な勝率は高いもののプレイヤーが大量移入しており同軍多発、マッチング時間増という始末。

オーダー、リベリオンどちらも何かしらストレスの強い状態が続いている。

何度も伝えていることなのだが、そもそも陣営間の機体が違うので完璧なバランスなど取れようはずがない。
だからこそ混合戦の充実化、それが難しいならば陣営撤廃も含めた構造改革が必要
だ。
仮にフリーダムが弱体化されリベリオンに射撃で優秀な機体が来たらリベリオンとオーダーの立場が逆転するだけで根本的な解決には至らない。
そういった現状がある中での新昇格システムはネガティブな方向に作用している気がしてならない。

来週はノーマル格闘の誘導強化があるものの、それで現状が覆るほどのことはないだろう。
いちプレイヤーとして来週の調整自体は楽しみなのだが、構造部分へ踏み込んだ調整が必要に感じる今日この頃だ。

昨夜の生放送アーカイブ

関連記事

ページ上部へ戻る