きっかけ、てこの力

昨日の続き : 見えない壁

私は元来めんどくさがりだ。

それは一番自分がわかっている。
だから私は最初の一歩を踏み出すきっかけに「てこの力」を使う。

それはなにか。

本来の目的とは別の理由付けをするのだ。

例えば実況プレイもその1つ。
買っただけで放置していたゲームを実況プレイという名目でプレイする。
そうすることで放置していたゲームを消化でき、実況プレイのコンテンツも増える。

自分を後押ししてくれる何かを使う。

私も腰が重くなることはしょっちゅう。
そういう時こそ、てこの力を利用する。

私はブログや実況プレイ中にリクエストを貰うことがある。
とてもありがたい話。
何故なら、これこそ「きっかけ」にピッタリだからだ。

何を隠そうマインクラフトを始めたのはささいなTwitterでのやりとりがキッカケ。
私はマインクラフトをずっと食わず嫌いしていた。
存在はαテストの時から知っていた。
ただ「こんなのゲームじゃない」と勝手に決めつけて放置していた。
気がつけばいつのまにかマインクラフトが爆発的に売れ、乗り遅れてしまった。

そんな中、たまたま「マインクラフトどうですか?」と言う声を貰った。
この声がきっかけとなった。
後は知っての通り、人生ぶっ壊しかけた。

自分1人で壁を壊すのが難しい場合、人やものを頼っても良い。
むしろガンガン使っていったほうが楽に壊せる。

今後もリクエストや「こんなコンテンツやってほしい」と言う声は大募集だ。

もしかしたらその一言が「大きなきっかけ」となるかもしれない。

(しかしながらリクエストは全て対応できるわけでは無いのでご了承を)

関連記事

ページ上部へ戻る