【ガンオン情報】9月10日のアップデート予習と近況

ガンダムオンライン

9月10日 定期メンテナンスの実施について

大規模戦フィールド配信スケジュール

オデッサ鉱山基地 -懸崖撒手-
ジャブロー -奇襲作戦-
オデッサ沿岸部 -反攻の狼煙-
北極基地 -ブリザード作戦-
暗礁宙域 -宙域殲滅戦-
ククルス・ドアンの島 -孤島の海戦-

【同軍戦】
オデッサ沿岸部 -反攻の狼煙-
北極基地 -ブリザード作戦-

新機体稼働実験 ー 出撃!陸戦強襲型ガンタンク&ヒルドルブ

新機体「陸戦強襲型ガンタンク」と「ヒルドルブ」をいち早く体験できるイベントを実施!

開催期間
9月10日(水)定期メンテナンス後~9月17日(水)定期メンテナンス

20140909-000
20140909-001

その他イベント終了

開発強化キャンペーン
突発イベント3倍キャンペーン
マスターメカニックチケット11個パック販売終了

開発ダヨリ更新

開発たより

・第16回 新機体最新情報!
・第15回 7月8月の機体使用率に関して

コメントと近況

運営、ユーザー共に0080機体依存

運営はアレックスとケンプファーに売上を依存しきっている。
戦場もアレックスケンプファーやGLAが無いと厳しいレベル。(将官戦場)
強さのインフレがとどまることを知らない。

強襲Fバズーカ(威力7000)は2発、Fバズーカ(威力10000)は1発、2丁バズは1セット。
弾数減らすだけでも大分変わる気がする。
それぐらい最前線は万バズと2丁バズの嵐。
ダウンオンラインすぎて高コスト機体以外が蒸発オンラインと化している。

そのため前線構築が難しくなり、戦場は中距離で打ち合うゲームに。

GLAの弱体化でジオンもそこそこ中距離で戦えるようになった。
その為中距離戦に拍車がかかっている。

強い機体以外はほとんど売れない

開発運営便りの機体使用率を見ると一目瞭然。

アレックスケンプファー以降に実装された機体で登場しているのはジーライン(ライトアーマー)とピクシーフレッドのみ。

イフリート・ナハトやペイルライダー、ゲルググヴィンセントなど戦場でほとんど見かけない。

万バズ一発で死亡フラグが立つ時代。
どんなに機体愛があっても万バズなどを持っていない機体は使われない。
個性的な武装を持っていようがダウン即死オンラインなので全く活きない。

そうなると運営は売るために更に強い機体を出さざるをえない。

どっかで一度大幅な火力、射程、機動力デフレを行わないとインフレレースは止まらない。
全武装の火力、射程、弾数を見なおしたほうが良いのでは無いだろうか。

レンタル先行配布はユーザにとって素晴らしいのだが、結局「使われない」だろう

上でも述べているように、ヒルドルブと強襲ガンタンクも強くないと最初の数日で姿を消すだろう。
今は機体愛でどうにかなるレベルではない。
これは今後の新機体全てに言えること。
かといって強くしすぎるとGLAの二の舞いになる。

試みは評価したいが、結局次回DXガチャの売上は伸びないだろう。

ガンオンモチベは少し回復

0080のインフレからGLAの一件までガンオンモチベが氷河期に入った。
GLA弱体化から少し戦えるようになった。

そのおかげでガンオンモチベは少し回復。

ぼちぼちやっていこうと思う。

しかし、ガンオンの現状を憂いていることには変わらない。

大幅なデフレをするか、ガンオン2を作りなおすか。
それぐらいの英断が必要だと私は思う。

タイトルとURLをコピーしました