ゲーミングPCレビュー : 最強グラボ GTX980搭載 NEXTGEAR i640PA5-SP

20150129-c001

今回レビューするのは「GTX980搭載 ゲーミングPC NEXTGEAR i640PA5-SPicon
最上位グラフィックボードであるGeforce GTX980を搭載したゲーミングPCだ。

スペック

OS : Windows 8.1 Update 64ビット
CPU : インテル Core i7-4790K
(4コア/4.00GHz/TB時最大4.40GHz/8MB スマートキャッシュ/HT対応)
グラフィックス : NVIDIA GeForce GTX980(4GB)
メモリ : 16GB PC3-12800 (8GB×2/デュアルチャネル)
ハードディスク : 2TB SerialATAIII 7200rpm
チップセット : インテル Z97 Express
光学ドライブ : DVDスーパーマルチドライブ
カードリーダー : マルチカードリーダー
電源 : 700W 【80PLUS BRONZE】
保証期間 : 1年間無償保証・24時間×365日電話サポート

各種スコア

FF14ベンチマーク比較

マイPC

cat-ffbentimypcoverclock

以前レビューしたマスターピース

20140603-ffbentiMP

NEXTGEAR i640PA5-SPicon

20150129-gtune-gtx980

ストレージベンチマーク

20150129-hdd-300

特徴と感想

圧倒的グラフィック性能

マスターピースや私のPCをはるかに超えるスコア。
さすが最上位モデル。
グラフィック性能は文句なし。
ガンオンだろうがバトルフィールド4だろうがCOD AWだろうが余裕で動く。

20150129-c020

グラフィックボードが価格のほとんどを占めている。

Geforce GTX980だけで7万円以上する。
このゲーミングPCはほとんどこのグラフィックボード代といっても過言では無い。

20150129-c057

CPUはCore i7 4790Kだが・・・。

CPUはCore i7-4790K 4.0GHZ。
これも市場で4万円ほどする品物。
ただし、CPUファンはBTOカスタマイズをしないとリテール品。
ここはカスタマイズして水冷か上位ファンに変えることをおすすめする。

20150129-c041

ストレージ搭載枠は4つ(残3)

ケース右下(画像だと左上)に4つのストレージスペースがある。
1つはHDDで使っている。
増設もしやすい手前へ抜き取るタイプのケース。

20150129-c030

USBポートは背面に6、上部に4

背面

USB3.0 x4
USB2.0 x2

上部

USB3.0 x2
USB2.0 x2
SDカードスロットとオーディオポート搭載。

20150129-c014
20150129-c010

動画レビュー

まとめ

2015年1月時点で最高スペックのグラフィックボードとPCを買いたい人はコレ!

CPUもしっかりCore i7 4790Kと高いのでガンオンのようなCPU依存のゲームもぬるぬる。
私のPCより二回りほどグラフィック性能が良いので悔しい!
ただし、カスタマイズでSSD、CPUファン、電源のアップグレードが必要
結果として大体25万円程度の予算が必要になる。
パーツで買うとGTX980とCore i7 4790Kの2つだけでも軽く10万円を超える。
この値段でPC丸々買えるのならば「お買い得」と私は判断する。

リンク

関連記事

ページ上部へ戻る