ガンオン攻略 : ブルーディスティニー2号機の評価とステータス

ブルーディスティニー2号機の評価

gundam-bd2-400

金設計図 銀設計図 レンタル機
7.5 6.5 7

ビームシューター コンバットカスタム ミサイルシューター
7 7.5 6.5

ブルーディスティニー2号機の強い点 / 使える点

2段階式EXAMシステム

制限時間無しで性能を若干引き上げる1段階目。60秒間限定で大幅に性能を引き上げる2段階目。全性能が上がり圧倒的な戦闘能力を発揮できる。

ガンダムベースのスリムなボディで高い生存率

被断面積が狭く、攻撃をかわしやすい。既存機体とくらべて被弾率が少なく前線での生存時間が長い。

連射系武器が優秀

100mmマシンガン、3点式、陸戦型ビームライフルFAと射撃武器が豊富。EXAMで威力アップするので優秀な武器になる。

ブルーディスティニー2号機の弱い点 / 使えない点

ミサイルの近距離命中率が低い

有線式ミサイルは挙動が独特のため距離によっては命中率が一般的なミサイルに比べ低い

EXAMを使用すると緊急帰投ができなくなる

EXAMシステムを発動すると緊急帰投が使えなくなる。マップによっては使い所を間違うと大きなタイムロスになる。1度発動したら基本解除できないので注意が必要。

EXAMを発動しないと基本性能が若干低く、積載に難あり

EXAMシステムの使用を前提にした機体性能。EXAMを使用しないとコスト300程度の性能になる。その為EXAM1段階目を常時使って戦わなければならない。

ブルーディスティニー2号機の総合評価

EXAMシステム2段階目による突撃機。

EXAMシステム1段階目を常時発動することができるものの、緊急帰投ができなくなるデメリットが強く常時発動するぐらいなら割り切って2段階目を発動したほうが良い。
主に格闘武器を用いた本拠地突撃用に運用されることが多いが、白兵戦運用も十分可能。
ミサイルランチャーはダウンポイントが低く実用性低め、ミサイルシューター特性は他の特性に比べ戦闘力でかなり劣る。

EXAMシステム2段階目の最高速度とブーストチャージは目をみはるものがある。
使い切り運用になるが、突撃機として上手く行けば高い本拠地ダメージを与えることも可能。

白兵戦から突撃まで幅広く運用できるポテンシャルを持った強襲機。

解説動画




ステータス

コスト : 340
モジュールスロット数 : 3
シールド : 1100 (ビームコーティング)
ダウンポイント : レベル1

性能 初期値 最大強化値
再出撃時間 400 450
アーマー 2230 2565
最高速度 1081 1243
ブースト容量 1300 1495
ブーストチャージ 270 310
積載量 1820 2365
緊急帰投 318 523

EXAMシステム詳細

  • 1段階目
  • 威力 +6%, 最高速度 +4%, ブーストチャージ +10%
    制限時間無し、緊急帰投不可

  • 2段階目
  • 威力 +30%, 最高速度 +20%, ブーストチャージ +50%
    制限時間60秒、緊急帰投不可、60秒経過後大破。

EXAM無し EXAM1段階目 EXAM2段階目
最高速度 1243 1286 1459
ブーストチャージ 310 337 445

武器

頭部バルカン
100mmマシンガン
3点式100mmマシンガン
陸戦型ビームライフルFA
ビームサーベル(二刀流)
胸部有線ミサイルランチャー
胸部ロケットランチャー

主な武装例

ビームシューターの場合
陸戦型ビームライフルFA 胸部ロケットランチャー 頭部バルカン
100mmマシンガン
ビームサーベル(二刀流)
コンバットカスタムの場合
ビームサーベルD出力強化型(二刀流) 無し
100mmマシンガン
3点式100mmマシンガン
陸戦型ビームライフルFA
腹部ロケットF型
頭部バルカン
ミサイルシューターの場合
陸戦型ビームライフルFA
100mmマシンガン
頭部バルカン
ビームサーベル(二刀流)
胸部ミサイルS型 or G型

強化のコツ

  • 機体

金設計図マスチケ推奨。銀設計図の強化20回では基本性能が低いこの機体をコスト相応まで強化しきれない。EXAMで上がる最高速度とブーストチャージ優先。緊急帰投は上げる必要なし。EXAMを使うとブーストチャージが上がるためブースト容量よりもアーマーを重視したい。
ビームライフルを使う場合は積載をかなり上げる必要がある。

  • 武器
  • どの武器も威力優先。
    ビームライフルFAは連射速度を1394まで強化すると連射速度が上がる。
    射撃武器はロックオンを高めにしよう。
    胸部ミサイルランチャーは射程よりもリロード時間か効果範囲、ロック範囲などを上げたほうが良い。

モジュール例

  • 移動射撃補助
  • 格闘関節制御、格闘出力制御
  • 高速切替

攻略記事リンク

関連記事

ページ上部へ戻る