ガンオン攻略 : ゲーマルクの評価とステータス

ゲーマルクの評価

gundam-AMX-015-400

金設計図 銀設計図 レンタル機
7.5 6.5 6

ビームシューター ロケットシューター クイックリロード
7 7.5 6.5

ゲーマルクの強い点 / 使える点

武器の威力が高く種類が豊富

高威力武器を多数所持している。

機動性が高い

重撃機として高い機動性を持つ。ブースト容量も高い。

高威力の手部連装メガ粒子砲

1発で2射される手部連装メガ粒子砲。威力がとても高くF型の場合1発で8800と破格の威力となる。

弾速のとても速い胸部ハイパー・メガ粒子砲

集弾率が低いものの高速で発射される胸部ハイパー・メガ粒子砲。ダウンポイントも850とかなり高い。

専用モジュール : 姿勢制御バーニア

怯み、よろけが発生しない。

ゲーマルクの弱い点 / 使えない点

巨大な機体

ジオンの中でもトップクラスの巨大な機体。そのため攻撃の被断面積も広く被弾率がとても高い。

視点が悪く操作性が悪い

機体が大きすぎるため照準に機体がかぶる。そのため近距離の敵機や真正面にいる機体が捉えづらい。肩越し視点にしても大きすぎる機体が画面を占拠するため視界の悪さに悩まされる。

コスト380

コスト380、再出撃590秒。撃破されたときの再出撃時間がとても長い。

アーマーが低め

巨大な機体に対しアーマーがそこまで高くないため数値以上に脆い。

武器の有効射程が短め

全体的に武器の有効射程が短く、火力を出すためには相手へ近づく必要がある。

ゲーマルクの総合評価

高い火力と手数を持った中近距離重撃機。

武装がどれも中近距離で真価を発揮するものが多く、敵機へ近づく必要がある。
ジオンの中でも群を抜いて大きい当機体が相手へ近づくのは至難。
怯み、よろけが発生しないもののアーマーがそこまで高くないので一瞬で大破させられてしまう。
射撃戦向きの武装が多いものの、姿を晒して攻撃するリスクがとても高く武器を活かしにくい。

チャージバズーカである胸部チャージ・ハイパー・メガ粒子砲と2連式の腕部グレネード・ランチャーで中遠距離から削るスタイルが最も戦いやすい。
その場合、ドーベンウルフ(SW機)と立ち回りが酷似するのが難点。
クインマンサのような最高速度と耐ビームコーティングが無いため無茶がしにくい。

機体が大きすぎるため味方の射線を塞ぐことも多く、機体の真価を発揮する場所がとても限定される。
マザーファンネルは2017年実装直後において、存在するが存在しない武器。




ステータス

コスト : 380
モジュールスロット数 : 2
シールド : 無し
ブースト : 強襲
ダウンゲージ : レベル3

性能 初期値 最大強化値
再出撃時間 590 625
アーマー 3550 4082
最高速度 1081 1243
ブースト容量 1700 1955
ブーストチャージ 240 276
積載量 2080 2704
緊急帰投 227 455

武器

手部連装メガ粒子砲
腕部グレネード・ランチャー
胸部ハイパー・メガ粒子砲
【金設計図】全砲門メガ粒子砲(斉射型)
胸部チャージ・ハイパー・メガ粒子砲
マザー・ファンネル
ビーム・サーベル

主な武装例

基本武装
胸部チャージ・ハイパー・メガ粒子砲
胸部ハイパー・メガ粒子砲
腕部グレネード・ランチャー
手部連装メガ粒子砲
全砲門メガ粒子砲(斉射型)
  • 機体
  • 積載量に大分余裕がある機体なので銀設計図の場合は他を優先。
    金設計図はブーストボーナスがかなりつくので積載量もしっかり強化したい。
    アーマー、最高速度、ブースト容量をそれぞれ7割以上強化。その後、余裕があれば緊急帰投かブーストチャージをあげよう。

  • 武器
  • 【胸部チャージ・ハイパー・メガ粒子砲、腕部グレネード・ランチャー】
    威力、効果範囲、リロード

    【胸部ハイパー・メガ粒子砲、手部連装メガ粒子砲】
    威力、ロックオンMAX推奨、射程距離、リロード。

    【手部連装メガ粒子砲】
    威力、効果範囲、後はお好みで

    【全砲門メガ粒子砲(斉射型)】
    威力、ロックオン、射程距離。

モジュール例

対狙撃機向けに防御系モジュールがあると良い。

  • 未搭載
  • ビーム耐性
  • 実弾耐性

機体攻略動画

攻略記事リンク

関連記事

ページ上部へ戻る