ガンオン初オフラインイベント 発表内容まとめ【百式 キュベレイ 他】

ガンオン攻略

cat-hyakushiki

主な発表内容

  • ガンダムUC時代とやった上で時代をゼータに巻き戻したことの説明
  • 新機体は「連邦 百式」「ジオン キュベレイ」
  • 花をつけたサボテンイベント
  • ガンダリウム強奪イベント
  • ミッションユニット
  • トーナメントは今後も継続
  • 可変機の扱いについてはノーコメント
  • 3周年記念イベントについて

イベントの大半はエキシビション対戦イベント。Zプロジェクトの発表は最後の1時間で行われた。

Zプロジェクトの弁解

冒頭は「ガンダムUCになっているのにZ時代へ戻るというあべこべなアップデートに対する弁解、説明」

端的に言うと連邦ジオンの2陣営で行くか、陣営撤廃(統合)するかの二択で大きく社内で揉めた結果

当初のΖガンダムオンラインでは陣営統合なり何かしら陣営に対してテコ入れが入るはずだったのだろう。
そこをどうしても連邦とジオンという2陣営を残したかった佐藤プロデューサーの方向性がガンダムUCという形になった。

参考資料 : 『機動戦士ガンダムオンライン』とは。開発プロデューサーインタビュー[前編]

結果として時代が遡るような形になった。これは陣営を維持するためにこうするしかなかったという感じではないだろうか。
(UC時代の目玉機体を出す前にゼータ目玉機体を出す辺りからその辺が伺える。)
私個人としては陣営を撤廃することのメリットの方が大きく感じているので陣営は何かしら変えたほうが良いという意見。
ガンダムUCの次の時代にささやかな期待をしている。

新機体

恐らく今月末、12月24日のアップデートで実装になると思われる。

ジオン : キュベレイ

圧倒的被断面積のリモート射撃機体

ファンネル搭載

ファンネルがロックオンした相手に飛んでいって少し時間があった後、ファンネルから攻撃をする。
ファンネル射出後は武器切り替えで射撃や格闘を行うことが可能。
確認できた武器は「2丁ビームライフル、二刀流ビームサーベル、ファンネル」

連邦 : 百式

フルビームコーティング搭載のコスト360(仮)機体

シールドを持たないものの、常時ビームコーティングが発動する専用モジュールを所持。
ただし、装甲が3割を切るとビームコーティングが切れる(金メッキが剥がれる)
機体性能はMk-IIの上位とのこと(佐藤P談)
そのため恐らくコスト360での実装と思われる。

確認できた武器は「ビームライフル、クレイバズーカ(拡散式)、格闘」

花をつけたサボテンイベント

報酬でサボテンが手に入る。そのサボテンを一定数集めると「花をつけたサボテン」と交換できる。
「花をつけたサボテン」とクワトロ・バジーナ仕様のサングラスなどアバターアイテムと交換可能。

ガンダリウム強奪イベント

アイテム「コンポジット」が色々なシーンで入手可能になる。
「コンポジット」を集めることで1ヶ月後に指定機体と交換可能。

現在判明している機体は「連邦 : マラサイ(ティターンズ仕様)」「ジオン : リックディアス(残党軍仕様)」

開催期間が長いのが特徴。

ミッションユニット

デッキボーナスに変わるシステム。
デッキボーナスは廃止?

「ユニットパーツ」というアイテムが登場。
GPでの購入やイベントでの入手が出来るようになる。
消耗品扱いであり、レベルが存在する。
高レベルのユニットパーツは限定イベントなど入手機会が限定されるレアアイテム扱い。
課金で買えるかどうかは言葉を濁していたが、恐らく買えるようになる気がする。

特徴として以下を持つ。

デッキの機体種類に関係なく発動する。 例 : 強襲 強襲 砲撃 重撃
デッキのコストを消費する。 例 : 「~~ユニットパーツ lv1 : コスト100」

つまり高コスト編成でデッキコストが余っていない場合は高レベルユニットは搭載できないことになる(デッキコスト拡張を使えば例外)
今回のこのミッションユニットはデッキコスト拡張にも関係するため運営側の新たな課金の柱にしたいのかもしれない。

トーナメントモード、可変機について

トーナメントモードに関しては今後も継続とのこと。
今回一切可変機に対して触れられていないのでまだ調整中なのかもしれない。
恐らくガーベラテトラのアンチとしてゼータではなく百式を採用したためだろう。
ゼータの前にアッシマーやギャプランなどの可変機でテストした後、来年3月ぐらいにゼータが来るような感じがした。

3周年記念イベントについて

3周年記念イベントはばら撒きで過去プレイヤーの復帰狙い。

恒例のキャラクター作成日換算のアイテムばら撒き。
コスト340機体以上限定のプレミアムガチャを1回引けるプレミアムガチャチケットの配布。

詳細は発表されなかったがその他のイベントも多少行われるようだ。

今後について

まずは今年度末(2016年3月)にゼータを出すまではゼータ関連の機体で押しつつ、それ以降にUCという印象を受けた(佐藤Pはこの辺に関して詳しく言及はしていない、あくまで推測

イベント中の口ぶりからゲーム内のバランスや要望はかなりチェックしており、ガーベラテトラを始め階級差マッチングなどちゃんと問題として認識していると思って間違いないだろう。
アップデート以外の部分へのテコ入れも期待したい。

タイトルとURLをコピーしました