ガンオン攻略 : 大型アップデートを見据えて

ガンオン攻略

大型アップデートまで残る所1週間とちょっとになった。
大型アップデートの情報も片鱗も公開されたため、色々と事前準備に奔走している。

現在公開されている状態のまま、実装されるとした場合は以下の点がとても気になっている。

ビームライフルやマシンガンなどの連射系武器持ち機体

今まで「ハズレ特性」扱いされていた一部機体のビームシューター特性。
バズーカを持っていないため実戦採用されにくかった機体。
マシンガンなどの性能は良いが決定打に欠けた機体。

こういった機体がマシンガンやビームライフルからよろけを奪えるようになる。

ジオン実例(一部)

グフフライトタイプ
グフカスタム
先行量産型ゲルググ
ギラドーガ(レズン)
ギャン

今まで不遇機扱いされていた機体もこの変更で一気に化ける可能性がある。
往年のグフカスタムが復活ワンチャンある・・・かもしれない

火力より命中率

現在のガンダムオンラインは「瞬間火力で一気に相手を叩く」ゲームだ。
そのため火力の低いマシンガンやビームライフルは敬遠されがち。
大型アップデートでマシンガンなどでもよろけを奪えるようになると変わる点がコレだ。

火力よりも「しっかりと相手に当てること」が大事になる。

そうなると「当てやすい武器を持つ機体が大量に増える」ということでもある。
つまり当てやすいフルオート系武器やミサイル系の武器が一気に増えるだろう。

マップによっては中距離から弾幕を張るゲームになると思われる。
今以上に膠着する可能性もあるため、マップの改修が必要になるだろう。

現在の1万ダメージバズーカなどの扱い

現行の1万ダメージバズーカを直撃させたらよろけるのかどうか。
私は恐らくよろけると思っている。
今回のアップデートは弱体化ではなく使われていない武器カテゴリの強化。
つまり現行の1万ダメージバズーカでもよろけは取れる。マシンガンでもよろけは取れる。
そういうインフレ調整だと予想する。

もし1万ダメージバズーカでよろけや空中ダウンが持っていけないぐらいダウンポイントが低かった場合。
現在流行っている機体が今度は不遇機扱いされることだろう。
それはそれで流行が激変して面白そうなので少し期待していたりするのだが・・・。

最後に

大型アップデートのような大きなバランス変更後は変な先入観を持たないことが大事。

現在使えない機体、武器がアップデート後に使えるようになるかもしれない。
そういったものをいち早く掴み、新時代へ適用する必要がある。
ビームライフルやマシンガンなどの武器はある程度強化が決まっているため、今の段階で射撃系武器を持っている機体を見直してみてはいかがだろうか。

タイトルとURLをコピーしました