ダメージ軽減システムを使って最硬の機体を作ろう

昨夜の生放送はタイトルのように「積載量が多い機体のダメージ軽減と防御モジュール、特性を使って硬い機体を作る回」だった。

今まであまり気にしてこなかったダメージ軽減だが、ギラ・ズール(NT Ver)の登場により、ダメージ軽減って結構でかいんじゃないか?
ということに気付いたため色々と研究している。

ギラ・ズール(NT Ver)は積載量が多く武器3つ持ってもダメージ軽減15%ほどつく鬼積載量機体。

さすがにここまで多い機体はドム系など限定されているものの、他機体でも盾や武器を減らすことでダメージ軽減を増やすことができる。
そこでさらに対爆風耐性特性や専用防御モジュールを搭載した機体を使う。

特に高い性能を持つのが「陸戦強襲型ガンタンク」

特性で対爆発装甲を持ち、専用モジュールで複合装甲を持つ。
その上ダウンゲージレベル3でよろけ、ダウンしないタンク。
アーマーもミッションユニットを使えば5000を超える。

武器を減らすことで最大40%近く爆風耐性を持つようになる。

生放送で使っているのは「爆風40%,格闘10%,ビーム20%,実弾20%カット」という驚異の軽減値。
アトミックバズーカが直撃してもアーマーが半分ほど残るほど硬い。
このダメージ軽減はまだまだ研究の余地があり、今までスポットライトがあたっていなかった機体にもチャンスがある気がしている。

実際、生放送後半では「ドズル専用ザク」と最近ほとんど使っていなかった機体を登用している。

ぜひ生放送録画でその硬さを見ていただければ幸いだ。

関連記事

ページ上部へ戻る