2019 MSI最新ゲーミングノート「GS 75 Stealth」はRTX2080搭載で薄型高性能時代へ CES2019 MSI

アメリカ、ラスベガスで開催されているCES2019。
MSIブースでは遂にRTXを搭載した17インチゲーミングノートが登場。

RTX2080を搭載し、バトルフィールド5のレイトレーシング機能を使ったデモも行われた。

追記 : バトルフィールド5のプレイ動画

特に注目なのが薄さと重さ。従来のゲーミングノートより圧倒的に薄く、軽くなっている。

ベゼルも流行りのナローベゼルを採用し、正面から見てかなり薄くなった。しかも、144hzに対応しているため高フレームレートでのプレイも可能。

それでいてRTX2080を搭載。排熱効率もかなり見直されているようだ。
MSIのゲーミングノートはファンの回転数を瞬間的にMAXにすることができ、排熱が大幅に向上する。

タッチパネルも35%拡大し10マルチタッチに対応した。

こういったハイパフォーマンスモデルでありながら8時間のバッテリー駆動時間を実現。
ACアダプタも軽量化、小型化している。

SSDは3ポートに拡大。いよいよHDDからSSDへストレージが本格的にシフトしつつある。

そして何より興味深かったのがMSI APP。
実機の展示はなかったものの、スマホをPCで操作できるようになるアプリケーションのようだ。
これが実現すればPCの需要も結構上がるのではないだろうか。

2018年からゲーミングノートブランドはどこも薄型コンパクトにシフトしつつある。
それでいてナローベゼルを採用しモニターは大きく確保しているのも特徴だ。
2019年はいよいよ通常のノートとゲーミングノートの境目がなくなってくるのではないだろうか。
それぐらい持ち運びもできるぐらいコンパクトになってきている印象を受けた。
デスクトップPCではRTX2060が発表されたようだが、ノート版のRTX2060が出たら本格的にグラフィックボードを搭載したノートが今後増えていく気がしてならない。

関連記事

ページ上部へ戻る