C4LAN2019春で見る知られざる自作、変態PCの世界

C4LANは自作PCの天国だ。
ゲームをするためのPCから、魅せるための変態MODPCまで様々ある。
メーカーブースも力を入れており、自作PC界隈が賑わう三日間でもある。
キーボードやマウスだけじゃなくガジェット全般が好きな私にはとても幸せな三日間となる。

今回のC4LANはASROCK、ZOTAC、ROG、サイコム、ガレリア(ドスパラ)がブース出展。
各自それぞれ展示をしていたのだが、歴戦の猛者(何度もスポンサーとして参加している)サイコムやガレリアはブースが派手。
逆にZOTACやASRockはいわゆるPCパーツの展示会のような「大人しい」ブースだった。

ガレリアブース、この反対側はドスパラの出張店になっていた。

自作PC

PCゲーマーは自作PC派も多く、それぞれこだわりの自作PCを持ち込んでいた。
後述する変態MODPCと違い「ゲームをすることが目的」のためスッキリとしたデザインのものが多い。

変態MODPC

ここ数回、個人的な目玉ブース。
文字通り「自分でPC自体を作る」人すらいるブース。
秋葉原でもそうそう見かけることがないPCがズラッと並んでいるのが特徴。
動画でも紹介しているのでぜひ見てほしい。

動画で紹介できなかったものを写真で紹介。

独特の世界。
ガンプラのように、アートまで昇華させている。
次回が今から楽しみでならない。
自作PC派は入場料払ってでも見に来るべきイベントだろう。

キーボード編

C4LAN2019春で皆がどんなキーボード使ってるのかチェックしてみた

マウス、ヘッドセット編

C4LAN2019春でどんなゲーミングマウスやヘッドセットが使われているのかチェックしてみた

関連記事

ページ上部へ戻る