C4LAN2019春でどんなゲーミングマウスやヘッドセットが使われているのかチェックしてみた

キーボード編

C4LAN2019春で皆がどんなキーボード使ってるのかチェックしてみた

今回はマウス、ヘッドセット、マウスパッド編。
前回のキーボードは多種多様だったのに対し、マウスやヘッドセットは使用されているブランドがかなり限定されていた。

結論を述べると「マウスはロジクール、Razer、Zowie、Roccat」「ヘッドセットはロジクール、Razer、HyperX、Sennheiser

※注意点※

全参加者を一人一人チェックしたわけではないので、全体の傾向です

コメント

Steelseriesの使い手は数年前に比べると激減。
Steelseriesが例のゴタゴタによってユーザーに見放されてしまったという事実が浮き彫りになった。

ロジクールが全ての部門で圧倒的。
種類が多く安い値段帯からハイエンドなモデルまで揃えているのが大きいのだろう。
困ったらロジクールといった感じで会場のそこら中でロジクールのマークを見かけた。

次に多いのがRazer。

Razerは愛好家が多くRazerで統一しているのが特徴。
Razer愛好家以外にもヘッドセットだけはRazerという人も多かった。
ZowieはCSやQuakeといったレトロ洋ゲーの島でよく見かけた。
逆にコンシューマーの島ではHyperXのヘッドセットやキーボードがものすごく多かった。
そこら辺に無造作に置かれていたので写真は少なめだがHyperXはユーザーが多かった。
Corsairのキーボードは全体的に分布しているものの、マウスはほとんど居なかったのが残念。

まだまだゲーミングマウスとヘッドセットは有線が中心

ここ数年でこの常識が覆っていくと思っている。
数年後のC4LANでは無線使いもどんどん増えてくるだろう。

ゲーミングデバイスから紐解くゲーミングの歴史。
これはガジェット好きの私にとって命題だと思い取り組んでいこうと思う。
とても興味深いテーマだ。

動画

ギャラリー

ロジクール

Razer

Zowie

Roccat

HyperX

Mionix

Sennhizer

Steelseries

その他

関連記事

ページ上部へ戻る