秋葉原ゲーミングマウスイベントレポート [Zowie HyperX ROCCAT ROG Coolermaster ダーマポイント編]

[ゲーミングマウス]秋葉原久々のデバイス特化イベントへ行ってきた[ロジクール,Razer,Steelseries編]

秋葉原ゲーミングマウスイベントレポート、その2
前回紹介できなかったブランドをまとめて紹介。

BenQ Zowie

Zowieはいわゆる「硬派」なゲーミングマウスブランド。
ゲームするのに光るとか必要なくね?」というこだわりのブランド。
そのため見た目だけだと「どれも一緒」に見えるのだが細かい違いがあり愛好家が多いブランドだ。

私も昔旧モデルのFK2をよく使っていた。マウスのDPIが変更になって使わなくなってしまったが、またどこかで試してみたいブランドだ。

HyperX

HyperXは2014年にゲーミングデバイス市場に参入してからメキメキ力をつけているブランド。
マウスというよりはヘッドセットの印象が強い。
担当者の話によるとヘッドセットは絶好調だがそれ以外のがなかなか思うようにいかず苦慮しているようだった。

限定カラーのパープルモデル。このモデルを見て衝動買いしてしまった(レビューはこちら

そんな中でも実況用マイクは物凄い反響が強く、かなり売れているらしい。このジャンル、意外と伸びるかも?

ROCCAT

ROCCATは新製品モデルであるROCCAT KAINが展示されていた。9月以降発売予定。
従来のROCCATとは大分フォルムがかわっており左右対称モデル。
あまりにもフォルムが変わっていたのでデザイナーが変わったのかと疑うレベル。
ROCCATのマウスは昔からちょこちょこ使っているのでこの新モデルも発売が楽しみだ。

ダーマポイント

ダーマポイントって復活してたのか!?
何故かダーマポイントポイントのブースがあった。製品も展示されていたのだが担当者の方が終始不在で何もわからなかった。
旧モデルのリメイク販売を行っているのだろうか・・・?

以下ブランドは写真にてまとめて紹介

ROG
Coolermaster
SADES

以下2ブランドに関しては時間が足りず写真を取ることが叶わなかった。
TrustGaming
XANOVA

ギャラリー

ROG

Coolermaster

実は凄く製品群が多いCoolermaster

SADES

まとめ

ゲーミングマウスイベントだったがマウス以外のデバイスが目立っていた印象。

大体のメーカーがマウス以外にもキーボードやヘッドセットも出している。
それぞれの強みを活かしたブースになっていた。
ゲーミングマウスはキーボードに比べ「触ってみないと判断し辛い」
手の大きさや持ち方が人によってマチマチのため100人が100人満点を出すゲーミングマウスは存在しない

こういったイベントがあると自分にあったマウス探しを出来る。
ぜひまた開催してほしいと思うのだが、デバイス限定だとどうにも「集客が悪い」印象だった。
もしくは告知が足りなかったのかもしれない。
というのも私自身、このイベントを知ったのが当日のメーカーによるツイートだったので急遽参戦したぐらいだ。
こういうイベントが開催されるという情報がもう少し認知されていたら興味がある人は多かったと思う。
秋葉原のイベントにありがちなのだが「いつどこで何が起こっているのかわかりにくい」というのがある。

週末は何かしらイベントを開催しているのだが、どこで何が開催されているのかを自分で一つ一つ探す必要がある。
駅前の観光スポット掲示板のような、まとまって一覧出来るようなものがあると秋葉原はもっと便利になるのだが・・・。

デバイスのイベントはとても楽しい。
次回開催される際は私も告知記事などを作ろうと思ったのであった。

関連記事

ページ上部へ戻る