ガンオンファイト攻略 オーダー、リベリオン オススメ機体

昨日は20時と23時の2回とも参戦。
20時の回はリベリオン、23時はオーダーで参戦。

今回のマップは「ホンコンシティ」

ルールは通常の大規模戦と同じ。
本拠地が無いので敵を倒すことでゲージが減る。
ただし、「功績評価金による再出撃時間短縮が発生しない
試合時間が10分しかないので高コスト中心のデッキを組むと再出撃時間に苦しむことになる。
つなぎの機体として低コストか中コストを1機は入れておきたい。
今回のガンオンファイトは機体選択が自由なので支援機も使えるというのがポイント。
高コストも味方支援機をカバーしながら戦うことで従来よりかなり戦いやすくなる。
今まで以上に連携が大事なガンオンファイトとなっている。

重要な戦術

2階を制圧せよ

ホンコンシティは2階層のマップ。
入り組んだ1階と射線が長めの2階。
2階を取ることができれば1階から2階へ上がってくることが難しくなり、結果として敵を分断できる。

2階での戦闘を優位に進めることができる機体が重要となる。

今回はそんな2階で有効な機体を何機体か紹介しよう。

オーダー

ガンダムF91
ガンダム試作1号機(GP01)
量産型νガンダム(I装備)
強化型ZZ
カラミティガンダム
ガンダムTR-1(ヘイズル改)
リゼル
バーザム
ジム(指揮官用)

リベリオン

ビギナ・ギナ
クイン・マンサ(アンネローゼ)
ローゼン・ズール
Rジャジャ(TA)
スローネアイン
ギラ・ドーガ(フル・フロンタル)
グフカスタム
ギラ・ズール(エリク機)
グフ(ランバ・ラル機)
ザクI(ノリス機)

機体選びのコツ

被ロックオン低下・高ダウンポイント・スタン・瞬間火力。

このどれかを持つ機体がとても有用。
今回紹介した機体は何かしらそういったスキル、性能を持っている。
被ロックオン低下のF91とビギナギナは敵の攻撃を散らす能力が高く最前線機体として超重要。
クロスボーン・ガンダムX-1(フルクロス)でも似たようなことが出来るものの、フルクロスが解除された後の防御性能に不安が残る
そのため高コスト前衛強襲機体はF91、ビギナギナ、強化型ZZ、クイン・マンサ(アンネローゼ)と言った機体が重宝する。

妨害機体としての量産型νガンダム(I装備)、ローゼン・ズール、Rジャジャ(TA)。

中低コストのつなぎ役としてリゼル、ジム(指揮官用)、ギラ・ズール(エリク)、グフ(ランバ・ラル)といった機体が挙がる。

デッキは高コストを中心に組みつつ、1機か2機中低コスト、もしくは支援機を入れると良いだろう。

支援機は狙われやすいのでコストを抑えめの機体にしておくと事故った時のリスクを減らせる。
支援機の立ち回りに自信がある人はポリノークサマーン(熊さん)で出てみるのも良いだろう。
熊さんの貢献度はとても高いのだが、狙われやすいので採用は計画的に。

オーダーに比べリベリオンの機体が多いのは「コレ!と言った機体がオーダーより少ないから」だ。

癖の強い機体が多い反面、汎用性で欠けるのがリベリオン機体の特徴。
今回のような安定したライン戦や連携力を求められるマップ、モードにおいては機体選びに悩むというのが正直な所。

それでもオススメ上位にいるビギナギナやクイン・マンサ(アンネローゼ)、ローゼン・ズール辺りは安定するだろう。
ダッシュ格闘を絡ませなければいけないグフカスタムやギラズール(エリク機)は事故リスクも高いので注意。

一番大事なのはチーム全体で「絶対2階を占拠するという強い意志」を持つこと。

2階から押し込んでしまえばもうこちらのものだ。
相手が一気に瓦解しだす。逆に押し込まれると1階でゲリラ戦法に頼らざるを得なくなる。
格闘機中心のデッキだと2階では立ち回りしにくいので射撃戦中心のデッキで挑もう

2020年1月15日ガンオンファイトアーカイブ

関連記事

ページ上部へ戻る