対応されてきた格闘機体

オーダーはフリーダムガンダム
リベリオンはガンダムバルバトス

両極端な機体が増えてきている。

射撃機体は遠距離からダメージを与えられるのに対し、格闘機体は相手に肉薄する必要がある。
近づいて初めて成立する攻撃のため、近づかれなければ格闘機体はくらわない。
当然のことなのだが、これが意外と難しかったりする。

しかし、そこは将官戦場。

オーダーのプレイヤーもバルバトスが来るポイントが共有されてきている。
そのため、バルバトスが来そうなタイミングでは高台をキープしはじめている。
今までは格闘で巻き込めたシーンも、中々巻き込みづらくなってきたと感じる。

マップによってはまだまだ有効だが、格闘一辺倒は対応がしやすいというのが正直な所。
かといって射撃戦で通用する機体が少ないのがリベリオン最大の悩み。
来週実装予定のガンダムグシオンリベイクに微かな望みを託すしかないのだろうか?

そんなことを考えつつも本日はランカーバトル。
ランカーバトルも次シーズン以降継続されるかどうか言及されていない。
もしかしたら最後のランカーバトルになるかもしれない。
全力で臨みたい。

昨夜の生放送アーカイブ

関連記事

ページ上部へ戻る