混合戦復活(予定)でどうなるガンオン徹底考察

ガンオン攻略

公式による運営便りが更新された。

内容

  • 異軍戦、混合戦に関する今後の対応方針について
  • モジュールのバランス調整(8/4 18:05追記)
  • ショップ「機体購入」「設計図購入」のリニューアル
  • カスタマイズ「アドバンストカスタム」のアップデート
  • 破壊後本拠点からのリスポーンについて
  • 操作可能エースの性能調整
  • 大規模戦フィールド「ククルス・ドアンの島」改修

異軍戦、混合戦に関する今後の対応方針について

7月21日に実施したバランス調整に合わせて混合戦の発生頻度上昇については終了しておりますが、陣営間のバランスや皆さまからのご意見を踏まえ、時間帯のみならずセクションリーグや定刻作戦など継続的な異軍戦を楽しめるコンテンツの追加により、通常の大規模戦については混合戦を主体として行うなど、階級帯毎に状況を踏まえた対応を検討しています。

また参戦人数の少ない時間帯については引き続き時間合わせ参戦等によって戦力が片方のチームに大きく偏る状況となっているため、バトルバランスの状況も踏まえて混合戦の適用を適宜行っています。

通常の大規模戦を混合戦ベースに変更するという方針発表キター!

異軍戦より面白い試合が多いので大歓迎だ。特に混合戦のマップは左右対称のマップが多くマップによる左右配置による偏りが少ないのも重要なポイント

混合戦に対応したマップをどんどん増やして混合戦ベースにガンオンを組み立て直してほしい。

ぜひ今すぐに実施してほしい項目だ。

モジュールのバランス調整

任意で機体にセット可能なバトルアシストモジュールの一部についてバランス調整を行う予定です。

特性を上回る効果を持つような一部の強力なモジュールについて効果量を抑える対応を行うほか、効果量が低く使用率の高くない一部モジュールについては効果量を上昇させる対応を行う予定です

※本調整については機体固有に持つモジュールについては対象外となります。

昨夜の配信で少し議論があった項目。

弱体対象は「高速切替と格闘出力制御、格闘関節制御」の3種。強化は「スロウ軽減、スタン軽減、炎上軽減」といった状態異常対策モジュールではないかと思われる。

スロウ、スタン、炎上対策モジュールの強化(推測)は以前から配信で何度も伝えている項目なので実施が楽しみ。

高速切替、格闘関連モジュールの弱体化は正直反対。これらモジュールで一部上位機体が更に強化されているのは事実。しかしこれらモジュールのおかげでなんとか戦えるレベルになっている機体が叩き落されるからだ。

高速切替を弱体化するのではなく、クイックスイッチ特性や対爆風装甲などモジュールより効果が低くなってしまっている機体特性を強化した方が良いと思う。

ショップ「機体購入」「設計図購入」のリニューアル

現在販売している設計図のラインナップを刷新し、今まで販売していなかった機体の設計図をショップで新たに購入することができるようになります。今までGPで販売していた設計図についてはアップデートに合わせて販売を終了し、新たに設計図パックを販売いたします。

設計図パックは機体のゴールド設計図もしくはシルバー設計図のほかに様々なアイテムが入ったパックです。

GPで手に入れることが出来る機体が増えるのは嬉しい。

しかし、現在販売している設計図を販売終了することで特性が上げにくくなるのでは?という不安要素がある。

現在販売している機体に関してはリニューアル後も特性上げやすいようにしておいてほしいのだが、果たして・・・?

カスタマイズ「アドバンストカスタム」のアップデート

アップデートではアドバンストカスタムの3段階目以降を追加します。
アドバンストカスタム3段階目以降を解放すると、AC強化回数が追加されるほか、ACモジュールスロットを解放することができます。

1機体を本格的に強化していこうという方針。同一機体を1デッキに3機といった行為が推奨されている現在のガンダムオンライン。

こういった1機体をガッツリ強化していくというのはアリだと感じる。アドバンスカスタムに必要なチケットを販売していくガチャに変わる新しい課金軸にもなり得る。

しかし、同時進行でデッキに違う機体を採用するメリットも実装してほしい。

アドバンスカスタム3段階目以上を開放したフリーダムやプロヴィデンスが1デッキに3機居ないと戦えないゲームにはなってほしくないからだ。

破壊後本拠点からのリスポーンについて

本拠点が破壊されることにより発生する一方的なバトルの緩和を目的として、一部を除き本拠点破壊後も破壊前と同じ位置から再出撃することが可能になります。

これも混合戦と同じく今すぐ実装してほしい要素。タクラマカン遺跡など本拠地が落ちた後の凄惨たるや・・・。

マップによっては不具合など想定される要素でもあるので実装に時間がかかっていたのだろう。やっと実装段階までこぎつけたようで実装が楽しみだ。

操作可能エースの性能調整

戦場の膠着に変化をもたらす要素として特務エースを追加しておりますが、現状ではその効果を発揮しづらい状況となっています。
特務エース機体の各種パラメータを調整するほか、プレイアブルな機体に操作感を近づける予定です。
また通常のエースについても今後調整を検討しております。

エース攻撃でゲットできるポイントを下げつつ、エースの体力を大幅に上げてほしい。

攻撃力は据え置きでも構わないので弾除けとして一定期間機能する性能になってくれるだけでも膠着打破のきっかけになりうる

大規模戦フィールド「ククルス・ドアンの島」改修

お待たせしました!長らくプレイできなかった大規模戦フィールド「ククルス・ドアンの島」を大幅に改修して再登場いたします!
フィールドの変化に加え、今回の改修では
ククルス・ドアンが搭乗するザクIIF型がスクランブルエリアのエースとして登場いたしますのでぜひご期待ください

意外と復刻要望の多いマップのようだ。

スクランブルエリア実装で荒廃都市のようなマップ構成になると思われる。

試合展開がレースかド膠着かの二択だったので私は良い思い出が無いマップ。

私はドアンよりもソロモンのビグ・ザムの方がまた見たい

最後に

今回の内容、ゲームを面白くする要素が多いので実装が楽しみ。

ガンオンはどうしても悪いイメージが先行している。

機体を手に入れるのが目的でゲーム本編がオマケの食玩状態に陥っている。オマケのゲームがもっと対戦ゲームとして充実すれば、ガンオンにあるイメージも良いものへ少しずつ回復してくのではないだろうか。

混合戦ベースだった前シーズンはゲームが面白かったのでポジティブにガンオンを捉えることができた

それが今シーズンはどうだろう。

混合戦一つで大きくイメージは変わってしまう。

サービス開始8年突入だがまだまだ化ける可能性はあると信じたい。

しかし、色々な理由で去っていたプレイヤーも多い。このままでは残された時間はそう多くないとも感じる。

今までテコ入れしてこなかったコストといった要素に対しても大きくメスを入れていってほしい。

サービス10周年を気持ちよく祝えるゲームになってくれることを願ってやまない。

タイトルとURLをコピーしました