ガジェットレビュー・・・「父性と母性を持ったリストレスト : TOK-MU3BK」

昨日の続き
私は毎日キーボードで数千から時には数万字を打つ
そういう人間にキーボードは優しくない
何故ならキーボードは手首に負担がかかる作りだからだ
手首が浮いた状態でキーを打ち続ける
それがどれだけ手首に負担をかけているか考えたことがあるだろうか?
私はDiabloIIIで痛感した
右手だけではなく左手もケアする必要があると思った
そこで見つけたのが「リストレスト」だ
20121214-1.jpg
【仕様】
メーカ : サンワサプライ
触感 : 硬めだがクッション性抜群
形状 : 長い (W453×D70×H22mm)
重さ : 安定感ある重さ
材質 : 低反発ウレタンフォーム (表面はナイロン)
【感想】

  • 母親のような優しいクッション性と父親のような剛健性
    びっくりするぐらいのクッション性と柔軟性
    肘置きとしても使える
    肘を置くと凹むのだが肘を離すとすぐ元に戻る
    わかりにくいかもしれないが参考画像
    20121214-2.jpg

  • 文章を書く人は必須
    プログラマー、ブロガー、ライター etc…
    長文を書く職についている人はあると無いとでは疲労度が段違い

  • FPSプレイヤーにも案外オススメ
    手首が固定されてShiftやCtrlキーが押しやすくなる

  • 背面が汚れやすい
    唯一の難点
    背面のズレ防止ノリ?が長期使用しているとボロボロはがれてくる
    最初はなんだかわからなかった
    一度はがれてしまえばそれ以後問題無し
    はがれてもズレにくいので最初からなくても良いレベル

【まとめ】

総評 : ★★★★
背面のノリ問題で★1つマイナス
前回のハンドレスト同様厚みがある(22mm)ので薄型ノートなどを使ってる人は注意
コストパフォーマンスは最高
1000円しないので手軽に試せるのが最大の魅力
プライベートより職場の方が向いているかもしれない
一般的なキーボードであればほぼフィットするだろう

SANWA SUPPLY TOK-MU3BK リストレスト(ブラック) SANWA SUPPLY TOK-MU3BK リストレスト(ブラック)
()
サンワサプライ

商品詳細を見る

関連記事

ページ上部へ戻る