【ラグ対策】回線を軽くして月額を安くする2つの方法

gundam-kaisen-sokudoup-600

最近の実況プレイや生放送で「ラグい、カクい」という発言が目につく。
そんな状況でずっとやっていた。
今回思い切って今年2回めのプロバイダー変更をすることでコアタイムの回線速度が1M/sを切っていた状態から100M/sと100倍近く改善することができた。
現在様子見期間だが、安定しているため大丈夫と思われる。

そこでプロバイダー変更について結論を述べよう。

プロバイダーは地域によって異なるため住んでる地域で「答え(軽いプロバイダー)」が違う。
同じプロバイダーでも地域や住居形態(一戸建て、集合住宅)で軽くも重くもなるということを覚えておこう。

そのため、私にとって重いプロバイダーが軽い人もいる。
逆に私にとって軽いプロバイダーが重い人もいるのだ。
私に「軽いプロバイダーは?」と聞いてもそれはあなたにとって軽いプロバイダーでは無い可能性が高い。

しかも、使っている人が大量に増えたりした場合、数ヶ月前は軽かったのにいきなり重くなるということが往々にしてある

大事なのは情報収集

私は自分の住んでいる地域とその周辺の回線状況やプロバイダーを重点的に調べた。

プロバイダーは人が多くなると当然重くなる。
プロバイダーによって持っている帯域と設備が違うので帯域と設備が大きいプロバイダーほど速度的余裕がある。

つまり、あまり知られていないマイナーなプロバイダーか設備と帯域に余裕のある大手の二択になる。

しかしながら、大手のプロバイダーも人が集まり過ぎると重くなる。
人が集まるというのはどういうことか。

それは「安さ」だ。
値段が安いプロバイダーほど人が多い。安いところに人が集中している。
もしくはキャッシュバックキャンペーンなどが充実しているプロバイダーだ。
逆にちょっと値段が張るプロバイダーは人が少ない傾向がある。
本当に回線を軽くした場合は格安プロバイダー以外も視野に入れることでラグを改善することが「できるかも」しれない。
プロバイダー料金だけで3000円以上払うプロバイダーもある。
フレッツ光の場合、NTTに払う回線使用料も別に払う必要があるのでヘタすると月7000円以上かかってしまう。
プロバイダ変更しても回線が太くなるわけでは無いのであまりにも高いプロバイダーを選ぶのなら回線ごと変えてしまった方が良い

今ならオススメなのは「NURO光

上の回線速度チェックサイトでも見れるが「800M/s」というようなバケモノクラスの速度を出すことができる。
プロバイダ変更を考えるより回線を変えてしまったほうが大幅に改善するのだ。

ただし、NURO光は回線を引くための条件が結構ある。

  • 対応地域が限定されていること
  • 一戸建てか5階建て以下のマンションであること
  • 5階建て以下のマンションの場合、建物が対応しているか「自分で」調べる必要があること
  • 賃貸の場合はマンションオーナーへの了承が必要であること

こういった条件をクリアすれば引くことが可能になる。

そのため、マンションや賃貸の場合はかなり敷居が高く一軒家の方にオススメの回線となっている。
条件さえクリアすれば500M/s以上の回線がお手頃価格で手に入るのだが・・・。

ちなみに私は条件をクリアしていないのでやむなくプロバイダ変更をした。
最近の動画で「ゲーミング引っ越し」と言っているのはNURO対応のマンションや建物に引っ越すという意味だ。

AU光も検討したが、AU光もオーナーへの了承が必要になるのと賃貸解約の時に現状復帰しなければならないため断念した。
(現状復帰でトラブったら嫌なので)

一戸建てにお住まいの人はそれだけで恵まれている!

とりあえず私はプロバイダ変更である程度改善が見込めたのでよしとする。
現在ラグで悩んでいる方はプロバイダ変更や回線変更を視野にいれると良いだろう。



関連記事

ページ上部へ戻る