ゲーミングマウスレビュー Steelseries 最安値モデル【 KINZU v2 】

前回、開封の儀を行ったSteelSeries Kinzu v2 PRO EDITION

開封の儀 : http://www.stoicfps.com/?p=3251

今回はレビュー

20131227-008

仕様

重量 : 77g

ボタン数 : 3つ

高さ : 36mm
横幅 : 64mm
縦幅 : 117mm

分解能 : 400 ~ 3,200CPI
リフトディスタンス: ~2 mm
最大ポーリングレート: 1,000 Hz

読取りフレーム数 : 3,600
最大読取速度 : 秒速165cm

外観

左側面

サイドボタン無し
フォルムはSENSEI、KANAとほぼ同じ
SENSEIレビュー : http://www.stoicfps.com/?p=1475
KANAレビュー : http://www.stoicfps.com/?p=1993

20131227-002

右側面

こちらもサイドボタン無し
左右対称なので両手どちらでも利用可能

20131227-004

前面(左側)

とても綺麗な黒
光を反射するぐらい光沢がある

20131227-011

前面(右側)

中央ホイール上部のボタンはプロファイル切替ボタン
2種類のプロファイルを切り替えることが可能

20131227-006

背面

ソールはSENSEIやKANAと同じ
背面の構造はほぼ一緒

20131227-007

特徴

マウス感度は4種

KANAと同じく「 800/1200/1600/3200 」の4種
プロファイルを2種類登録でき、マウスの切替ボタンで切り替えることが可能

Steelseriesで最も小さいゲーミングマウス

SENSEIより二回りは小さい
最初の感想が「小さい」だった

サイズ比較

KINZU
高さ : 36mm
横幅 : 64mm
縦幅 : 117mm

SENSEI
高さ: 38,7 mm
横幅: 68,3 mm
縦幅: 125,5 mm

サイドボタン無しのシンプルモデル

サイドボタンを使わない人向け
SENSEIの時にあった「誤打」も無い
専用ツール(SteelseriesEngine)の設定項目も超シンプル
感度切替とボタンバインドしかない

感想

必要最小限ゲーミングマウス

ゲームをするために必要最小限の要素だけ搭載したマウス
LEDイルミネーションも、マクロも、サイドボタンも無い
余計な要素が無い分フォルムがシンプルでクール

小さい

私は普段SENSEIを使っている
初めてKINZUをもった時、その小ささに驚いた
手の小さい人でもすんなり使えるゲーミングマウス

AIM良好

若干小さいが違和感無く使える
その辺はさすがSteelseries
一番大事なAIM(狙う)機能に関しては文句なし

基本性能は高い

センサー4種、2種類のプロファイル、扱いやすいフォルム
リフトオブディスタンスはKANAと同レベル
SENSEIは物凄く低く、KANAやKINZUは少しマウスを浮かしても認識する

リフトオブディスタンスとは

マウスを空中に浮かした際、どこまで認識するかと言う数値

まとめ

基本スペックは十分でシンプルなゲーミングマウス
手の小さい人は上位モデルよりコチラ

唯一の弱点は「価格」
色々な要素を削りに削った上で「3618円」(Amazon 2013年12月27日時点)
サイドボタンをつけて若干大きくしたKANAは「4480円」(Amazon 2013年12月27日時点)

私は色々なゲーミングマウスを見てきた ( 参考 : ゲーミングマウスレビュー
3600円でここまで機能が少ないと他のマウスの方が良く映る

これが2500円ぐらいなら「イチオシ!」
しかし3600円出すなら「KANA」か「Anker」を私は選ぶ

参考 : 値段別 ゲーミングデバイスレビューまとめ
参考 : 4000円以下で買えるゲーミングデバイス

リンク

SteelSeries Kinzu v2 PRO EDITION BLACK マウス 62016
SteelSeries KANA White マウス 62029
SteelSeries Sensei 62150
Anker レーザープレシジョン・ゲーミングマウス 8000 DPI

関連記事

・ SENSEIレビュー : http://www.stoicfps.com/?p=1475
・ KANAレビュー : http://www.stoicfps.com/?p=1993
値段別 ゲーミングデバイスレビューまとめ
4000円以下で買えるゲーミングデバイス
他のゲーミングマウスレビュー

関連記事

関連記事

ページ上部へ戻る