CES2020 CORSAIR 写真で見る新製品まとめ [PS4搭載PC K95 Plutinum XT 他]

Corsairブースの特徴は前回記事にしたのでそちらを参照してほしい。

前回掲載できなかった写真を中心にお伝えしようと思う。
これを見ればCorsairが2020年、コンシューマー業界へ殴り込もうとしている勢いを感じられるはずだ。

OriginPC BIG O

今回Corsairの傘下に入ったOriginが発売する新PC。
なんと、ゲーミングPCケースにPS4やXBOXが内蔵されたモデル。

正面左側はゲーミングPC、正面右側がコンシューマー機を搭載している

黒くて見づらいがPS4がすっぽり入っている。Elgatoのキャプチャーツールも一緒に搭載されているため、そのままPCでキャプチャー表示が可能。

PCのデスクトップ内にPS4の画面が表示される。
外部出力でテレビやモニターにPS4の画面だけ出力することも可能。

SMUFGamingのコントローラーと合わせればPCゲームとコンシューマーゲームを一台のPCで一緒に遊ぶことも可能。
日本での展開については触れられていなかったので、なんとも言えないがPCゲームとコンシューマーゲームの垣根を壊す製品となることは間違いないだろう。

K95 Plutinum XT

K95 RGB Plutinumの新バージョン XT

キーキャップが二色成形になりキースイッチの耐久性向上、パームレスト変更といったグレードアップに加え、Elgatoと連携しG1~G6にStream Deckのショートカットを搭載できるようになった。

従来のキーキャップに加え交換用の青いキーキャップが付属している。

キースイッチはお馴染みCherry軸。現地にて青軸、茶軸、銀軸は確認した。赤軸もあると嬉しいのだが・・・。

Stream Deckのソフトウェアで管理することができる。

海外では既に発売されており、$199で購入可能。日本語配列に関してはローカライズが必要なため日本展開はしばらく時間がかかりそうだ。

新空冷CPUクーラー A500

もっと小さいのを想像していたのだがめちゃデカイ
発表時、小型PC向けに良さそうだなーとか思っていたので衝撃が大きかった。

メンテナンス性と設置がしやすい構造なのでA500 miniといった小型PCにもフォーカスしたモデルを是非・・・!

Corsair + ASUS

Corsairの専用ソフトウェア iCUEとASUS AURAが連動するようになったのでブースではASUSのマザーボードをちらほら見かけた。
iCUE上でマザーボードの設定変更もできるようになり統合ソフトウェアとして大きな一歩を踏み出した。

その他製品群

ORION ケースにLEDが内蔵されており、iCUEで光り方を管理できる。

Macとの連動
K70 MK2 RGB SEがMac OS上で動作していた。MACでもコルセアキーボードが使えるというアピール。

今回はORIGINのカスタマイズPCがかなり展示されており、日本での展開がどうなるのかとても気になる。
あくまで海外中心のBTOブランドなので日本展開は色々とハードルが高そうに感じる。

ORIGINはノートPCも扱っている。

ブース内でコルセアマン?がずっと写真撮影していた。
彼は一体何者なのか、気になって仕方なかった。

リンク

関連記事

ページ上部へ戻る