ガンオン攻略 : ジム・スナイパーII(ウォルフ機)の評価とステータス

ジム・スナイパーII(ウォルフ機)の評価

2-gundam-RGM-79SP-400

評価値

3 : ★★★☆☆

特性別おすすめ度

クイックリロード 射程補正システム ビームシューター

ジム・スナイパーII(ウォルフ機)の強い点 / 使える点

脅威のダウンポイント958 スナイパーライフル

ダウンポイント958と一発でよろけも狙えるロングレンジライフルを所持。初期型のみダウンポイントが高い特徴を持つ。

ビーム兵器が多くビームシューター特性で火力が上がる

ビーム属性の狙撃武器が多くビームシューター特性で火力が大幅に上がる。

狙撃トップの最高速度とブーストチャージ

コスト340のガンダム4号機よりも最高速度が早くブーストチャージが高い。ブースト容量が少ないものの機動性がとても高い。

重撃タイプのビームライフル持ち

狙撃ながら重撃タイプのビームライフルを所持。重撃的な運用も可能。

閃光弾を所持

GP-02のアトミックバズーカのようなエフェクト範囲を持つ閃光弾を撃てる。打ち切り型だが高い目くらまし効果。

専用モジュール : 踊る黒い死神(狙撃)

優秀な専用モジュールを所持。榴弾の着弾点がマップに表示される。シールドへのダメージが増加する。

連射可能な長射程榴弾を所持

対艦ライフル(徹甲榴弾)が連射力に優れた榴弾。着弾点がマップで見れるためピンポイントで榴弾攻撃が可能。

ジム・スナイパーII(ウォルフ機)の弱い点 / 使えない点

ブースト容量が低い

狙撃ワーストのブースト容量。瞬発力は高いもののブースト管理をしっかりしないとすぐオーバーヒートする。

ジム・スナイパーII(ウォルフ機)の総合評価

高性能で扱いやすい新世代万能狙撃機。

高い機動性で遠距離から高ダウンポイントの攻撃をばらまくことが可能。専用モジュールでシールド持ちにも相性が良い。
他の狙撃機と違い小回りが効くのでとても扱いやすい。
その上、重撃ビームライフルや遠距離榴弾、閃光弾と武装が豊富なためカスタマイズ性も高い。
火力特化、ダウンポイント支援、閃光弾索敵グレネードなどによる妨害支援、ビームライフルを使った重撃的な立ち回りも可能。
武装次第でマップに応じて様々な立ち回りができる機体。
被断面積もザクベースのためスリム。遠距離狙撃合戦になっても条件が連邦と同じ。
ブースト容量が短いもののブーストチャージが高いためそこまで気にならない。

強いて難点を上げるならばよろけを取った後に相手を倒し切る瞬間火力が無いぐらい。その点も滞空中の敵を優先的に狙い空中ダウンをさせることで致命打につなげカバーすることができる。

コスト300としては破格の性能を持った狙撃機。
銀設計図でも改造回数による機体性能差以外は金設計図と同じ立ち回りが可能。
気になる人は銀設計図で試してみると良いだろう。




ステータス

コスト : 300
ダウンゲージ : レベル1
特徴 : 全体的に高め

武器

ロングレンジ・ビーム・ライフル
チャージLBR
狙撃用ライフル
ビーム・ライフル
ブルパップ・マシンガン
【金設計図】ビームサーベル
狙撃用ライフル(徹甲榴弾)
狙撃用ライフル(閃光弾)
ジャミンググレネイド
索敵機要請グレネイド

主な武装例

基本武装
ロングレンジ・ビーム・ライフル
チャージLBR
狙撃用ライフル
ビーム・ライフル
改造ザク・マシンガン
狙撃用ライフル(徹甲榴弾)
狙撃用ライフル(閃光弾)

強化のコツ

  • 機体
  • 1. 武器が重いので重めな武装を装備してから積載量を強化しよう。
    2. 機体の長所である最高速度とブーストチャージをあげよう。
    3. 被弾時に少しでも長生きするアーマー。
    4. ブースト容量もある程度上げておくとオーバーヒート率を下げられる。
    5. 武器の弾数が豊富なので緊急帰投は優先度低め。

  • 武器
  • 【ロングレンジ・ビーム・ライフル】
    当機体の肝。ダウンポイントの高い初期型推奨。全ゲージMAX目指そう。

    【チャージLBR】
    威力、射程距離、リロード

    【狙撃用ライフル】
    威力、連射速度、リロード、射程距離。連射速度は1355(初期型/L)、1290(F型)まで強化すると連射力が一段階上がる。

    【ビームライフル】
    威力、ロックオン、射程距離

    【ブルパップ・マシンガン】
    威力、射程距離、ロックオン、リロード。

おすすめモジュール

  • ほぼ必須 : 高速切替 2か3(ロングレンジ・ビーム・ライフルから狙撃用ライフルへの持ち替え時間が重要)
  • 移動射撃補助

攻略記事リンク

関連記事

関連記事

ページ上部へ戻る