ASUS STORE 赤坂で最新未発売スマホ「ZENFONE MAX M2」製品発表会へ行ってきた

写真 : ASUS JAPAN テクニカルプロダクトマネージャー 阿部直人氏

赤坂見附の駅前にあるASUS Storeで行われた製品発表会へ行ってきた。
3月15日に発売予定の6インチスマートフォン「ZENFONE MAX M2」と「ZENFONE MAX PRO M2」

ZENFONE MAX M2はエントリーモデルのスマートフォン。
ZENFONE MAX PRO M2はミドルレンジのスマートフォン。

発売日と価格

発売日 : 2019年3月15日
公式サイトにて予約販売中。
価格
ZENFONE MAX M2 : 26500円
ZENFONE MAX PRO M2 : 35500円
カラーバリエーションはMAX M2が4色、MAX PRO M2が2色。

ZENFONE MAXシリーズの主な特徴

顔認証、ジャイロセンサー対応。
4GBメモリ
大容量バッテリーと軽いボディ。

ZENUIを撤廃しピュアアンドロイドOSを採用。ZENUIで使っていたメモリ使用率などを下げより高パフォーマンスを追求。
Qualcomm Snapdragonの632と660を採用することで価格以上の性能を追求。

デュアルSIMとMicroSDカードスロットが別にあり、全部で3つスロットがある。
デュアルスタンバイにも対応。

デュアルレンズカメラを採用
AIカメラを採用。様々なシーン撮影ができる。

ZENFONE MAX M2

価格と性能のバランスを追求したコストパフォーマンス重視モデル

大容量 4000mAhバッテリーながら160gと軽量なボディ。
4GBメモリ、32GBストレージ
Qualcom Snapdragon 632を採用し2万円台ではかなりの性能を誇る。
デュアルレンズカメラを採用。

ZENFONE MAX PRO2 M2

ZENFONE MAXよりも高級感を追求しつつ価格を抑えたモデル

MAX M2と違う点

バッテリーが5000mAh。
ストレージが64GB。

ゴリラガラス6を採用。

筐体が独自加工のWave Finishデザイン。

カメラ性能もMAX M2より高性能。

外観

Wave FinishデザインのあるPRO M2は光沢感があり高級感がある。

まとめ

低価格帯にコスパを追求したモデルでASUSが殴り込み
現在低価格帯を独占状態にあるHUAWEI P20やP20 Liteにどれだけ迫れるか。

P20 Liteと違いCPU性能が良いためグラフィック性能がそこそこあり、バッテリーサイズが大きいため長時間の動作が可能。
ZENUIを撤廃することでシンプルな機能に統一。
MAX PRO M2モデルは高級感を出しコスト以上の満足感を意識。

価格と性能のバランスがとても良いのでHUAWEIはちょっと・・・という層にかなり受けそうな製品。

個人的に26500円とかなりコスパの良い価格であるZENFONE MAX M2に興味津々。
実機レビューもしようと思っているので続報こうご期待!

各種キャンペーン

販売を記念して各種キャンペーン実施中

乗り換えキャンペーン

各種リンク

関連記事

関連記事

ページ上部へ戻る