COMPUTEX2019 GIGABYTEはゲーミングAORUSとRyzenに全力投球

COMPUTEX Taipei2019のGigabyteはCOMPUTEX会場ではなく、近くのホテル会場を借り切って出展していた。
ご招待頂くことができたので行ってきた。

今回は主にゲーミング部門AORUSとノートPCが主力。
特にAORUSとRyzenを前面に出しており、ゲーミング部門への本気度が伺えた。
AORUSは2年前のRyzen発表イベント時に日本でも出展していたのだが、それきり日本ではあまり動きがなかった。
今回の7月に発売されるRyzenに向けて日本でも活発化してくれることを期待したい。

ノート部門

GIGABYTEのゲーミングノートは知名度が低いもののかなりコスパに優れている。
性能と価格のバランスが良い。
ただし、購入場所がかなり限定されており、現状Amazonぐらいでしか購入できないのがネックとなっている。

今回は4K有機ELディスプレイを搭載したモデルを発表。とても綺麗になった。
日本語配列モデルも検討しているとのことなので、日本での発売が楽しみなモデルだ。


ハイエンドノート

AORUS最上位ゲーミングノート。スペックも本体もごつい。
キーボードがノートながら深めで打ち心地の良かった。Alienwareに相当するモデルのためモバイルというよりはクリエイターやスタジオといったハイエンドユーザー向けの製品。
気になるのは価格だが、日本市場でリリースされるのかは確認できなかった。

パーツ部門

パーツ部門もGIGABYTEとしてではなくAORUSとして出展していた。
Ryzen対応のマザーボードからPCIeのGEN4に対応した大容量NVMe SSDなど製品が多岐にわたる。
簡易水冷キットやゲーミングモニターも今回新製品として発表されており、AORUSは他ブランドと同じくトータルコーディネートを目指しているようだ。

8TB NVMeSSD

ベンチマーク。表示を疑ってしまうレベルの速度。

2TB NVMe SSD

ベンチマーク

AMD CEO登場

AMD CEOであるリサスー氏がまさかの登場。
わざわざCOMPUTEX会場から離れている所へ来る辺り、GIGABYTEのAMD、RYZENに対する本気度が伺えた。

動画でも会場の紹介をしているので良かったら見てほしい。

関連記事

ページ上部へ戻る