COMPUTEX2019 AntecのPCケースがかっこよすぎた件

COMPUTEX Taipei 2019 Antec。

Antecは会場近くのホテルにてクローズな製品展示会を行っていた。
私は招待されていなかったのだが、Twitterで台湾グルメ旅をしていたら「飯ツイートばかりする暇あったらウチのブース来てください!」(意訳)
突如、現地でご招待頂いたので早速行ってきた。

AntecといえばPCケースやCPUファン、メモリといったのを主に出しているブランド。
今回はPCケースと簡易水冷モジュールを前面に出していた。
なかでもケースはとてもカッコよく、いつか作ってみたいと思わせるケースだ。

「TORQUE」ホワイトカラーが新製品。他の色はすでに販売している。

「P82 / CRYSTAL」電源を上部に配置することにより、ケース下部にもケースファンを搭載できるようにしたモデル。
ケース下部に3つのケースファンがついている独特のモデルとなっている。
エアフローが下から上へ排熱するモデルだ。

「STRIKER」現在開発中のモデル。通常のケースとは根本的に配置が違うため超上級者向けオープンタイプのケース。
ファンの位置や電源の位置、マザーボードの位置から全て違うためMODerなど上級者好みの仕様となっている。

「GTR」今回のための特別仕様。「やらかし(変態)ケース」

「KATANA」金属部分が光る独特の形状をしたメモリ。日本刀の形状と波紋をイメージした和な製品。

これら以外にも水冷モジュールなどPCパーツが展示されていた。
ホテルの一室のためそんなに広いブースでは無かったのだが、所狭しとイカスケースが置いてあった。
PCのケースというと角ばったイメージが強いのだが、TORQUEはそのイメージを覆す先鋭的でとてもかっこいいデザイン。
Antecは低価格帯のコスパに優れたケースが強いイメージだったが、今回そのイメージを大きく覆された。
今後の展開に期待したい。

動画でもブース紹介をしているので良かったら見てほしい。

関連記事

ページ上部へ戻る